斎雲塔 > 華中地区

本文へ
サイト内検索

華中地区


斎雲塔

페이지 정보

작성자 no_profile 趙子龍 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 5,080회 작성일 10-01-29 18:12

본문

斎雲塔、正しくは釈迦舎利塔で、金方塔、白馬寺塔とも呼ばれ、洛陽白馬寺の山門の東南200メートルのところにある。
白馬寺に現存する石碑や佛籍によると、西暦68年に漢明帝の詔によって塔が建てられた。
現存する塔は金の大定十五年(1175年)に再建されたものである。
塔は正方形の密槍式になっていて、高さは13階、25メートル。
1階のひさしの下の木の組み合わせは非常に精巧で美しい。
斎雲塔は洛陽一帯に現存する最古の建築であり、中原地域に残っている数少ない金代の建築物のひとつである。
  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 84건 1 페이지
더보기 more
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
440
어제
610
최대
971
전체
136,709


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.