楽山>烏龍寺 > 西南地区

본문 바로가기

サイト内検索

西南地区

楽山>烏龍寺

ページ情報

no_profile 趙子龍 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 09-10-03 23:08 view 7,907回 コメント 0件

本文

烏龍寺
烏龍寺は、唐代に創建た禅宗の寺院でもとの名は正覚寺だったが、北宋の時に烏龍寺と改称されたという。
境内の建物は山を控え、その起伏を生かして巧妙に配置されているのが特徴的で天王殿、阿弥陀仏殿、弥勒殿、観音殿、大雄殿、羅漢堂竺殿宇などがある。中でも大雄殿に安置されているシャガ、文殊、普賢という三尊仏像は1930年正殿を修築する時に杭州から運んできたが、身長3メートルでクスノキの木彫りで全身金箔されている。

SNS 공유

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

ありません。

検索
전체 148件 1 ページ
Copyright © china7.jp. All rights reserved.