HSKとC.TESTと違い > 中国語検定

本文へ
サイト内検索

中国語検定


HSKとC.TESTと違い

페이지 정보

작성자 no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 6,097회 작성일 08-11-18 13:45

본문

中国漢語水平考試(HSK)は母国語が中国語ではない (外国人, 華僑と中国国内少数民族含み)の中国語能力を測定するために設立された国家級考試で C.TESTは“実用漢語能力認定試験(Test of Practical Chinese)”の略称として母国語が中国語ではない外国人のビジネス, 貿易, 文化, 教育など領域での漢語応用熟練度を測定する試験である。 二つの考試は皆北京言語大学漢語水平考試センターで責任を負って開発, 普及したこととして HSK “中国語 TOEFL”と比喩したら C.TEST “中国語 TOEIC”と言える。<?xml:namespace prefix = o ns = "urn:schemas-microsoft-com:office:office" />

 

 

 

1. HSKは主に受験者の一般言語能力を測定するが C.TESTは主に付き合い能力と実際生活, 作業の中での言語運用能力特に受験者の国際ビジネス, 貿易環境での漢語熟練度を測定するのに偏重する。

 

2. HSKに比べて C.TESTのヒヤリングテスト部分が全体試験で占める比重は燎著である。

 

3. C.TESTは初級 C.TEST(E-F)と中、高級 C.TEST(A-D)で分けられて基本上 HSK 基礎, HSK中等, HSK 高等 3 等級を包括する。

 

 

4. HSK 考試と違い毎度考査後 C.TESTは試験紙を対外で公開するのにこれは受験生の復習にも決まった指導作用になる。

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 0건 1 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
452
어제
597
최대
971
전체
135,524


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.