西側の中国報道に変化 「中国モデル」を議論 > 経済・産業

본문 바로가기

サイト内検索

経済・産業

西側の中国報道に変化 「中国モデル」を議論

ページ情報

no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 09-08-28 23:41 view 3,079回 コメント 0件

本文

世界を席巻する金融危機は一部の西側メディアに資本主義の弊害を再認識させただけでなく、同時に「中国モデル」の危機における実績にも注目が集まっている。これまで非難が多かった西側メディアの態度は一変し、「中国モデル」の成功点と影響力について討議されている。

1. 文化と文明の発展から中国モデルの意義と展望を見る。

『フィナンシャル・タイムズ』などはこのように解説する。西側国家は、「近代化」と「グローバル化」こそが全世界がまねる西側の発展方法だと考えている。しかし中国モデルの成功は西側が考える「近代」の内容を覆し、「近代」に含まれた意味を定義し直し、これは世界レベルのある種の「文化革命」となった。今後数十年、中国は各方面で世界をリードする立場にあり、「文化の覇者」となる。中国の儒家文化と西側の文化は大きく異なり、中国の政治発展には外国の方式を取り入れることはなく、中国の民主制度も西側が世界共通と考えるモデルとは異なる。中国の近代化は世界その他の国家の発展と同時に行っても矛盾が生じることはなく、中国が世界を統治することもない。『ニューズウィーク』は、米国は中国の発展とその影響を客観的にとらえるべきで、成功後の中国との交流を身につけるよう指摘した。

2. 中国モデルには、実務を基礎とした多層的、多分野における改革と発展も含まれる。

英国の発展問題専門家であるクックなどはこう考える。中国モデルの特徴は「権威的管理と市場経済体制の結合」で、これは何度も実験を重ねて完成していくもので、最初から青写真があるわけではない。その原則は実務主義と漸進的改革で、すなわち「実事求是(事実に基づき真実を求める)」や「摸着石頭過河(未知の状況下で様子を見ながら前進する)」の精神である。雑誌『ニューヨーク・タイムズ』、『フィナンシャル・タイムズ』、『ワシントン・ポスト』、『TIME』は、西側はより全面的に多方面から中国モデルを見つめ、過去のような独断的で「黒か白か」という断言を避けるべきで、中国で起きた事件に対する単純な解釈をやめる必要があると指摘する。こういったやり方により、西側は中国の過去や未来に対し誤った判断を回避することができる。中国の改革開放から30年間で、中国共産党自身も改革と調整を絶えず行い、中国人はますます自由を獲得できるようになった。政治体制改革面では、西側の期待とはまだ程遠いものの、中国が採る地方役人の監督管理の強化、末端の民主の発展、メディア改革などの一連の措置を見過ごすわけにはいかない。

3. 中国モデルは世界、特に発展途上国が参考とする価値は大いにある。

『ニューヨーク・タイムズ』、「フィナンシャル・タイムズ』、『ワシントン・ポスト』と一部の学者は、金融危機は中国モデルにとって大きな試練になると見ている。しかし危機の勃発以来、西側が学ぶ価値のある多くの経験を中国は積んでいる。例えば、金融監督管理問題については中国は保守的な態度を採ってきており、西側の銀行と資本市場の運営モデルをまねるという要求を拒んだ。銀行は実体経済の「促進者」となるべきで、完全に独立した「富の創出者」となるべきでないという原則を貫き、金融危機によるリスクを抑えた。中国が危機対策で内需拡大に成功し、経済モデルの転換を実現し、持続可能な発展原動力を作り出せたら、中国経済は新たな成功を収めることができるだろう。中国モデルの影響力と吸引力はより拡大する。中国の発展方法は独特なためその他の発展途上国はまねることはできないが、中国モデルの背後にある実務主義の哲学思想をまね、自身の国情に合った発展方法を模索することはできる。先進国にとっては、中国の互恵パートナー式の対外発展援助のやり方は、西側の「ギブ&テイク」という形式の思考を見直すことになるだろう。

4. 中国モデルの成功は国際システムの転換の軌跡と方式に大きく影響することとなる。

『ワシントン・タイムズ』は、国際金融危機で国ごとに異なる成長モデルがあることが示されたと指摘する。この面では誰も独占する権利を持っていない。国際社会が金融危機に対応する過程で、「北京合意」が「ワシントン合意」に代わる動きが強くなった。西側の学者は「『北京合意』は民主的監督メカニズムが乏しい経済成長モデルだが、発展途上国がより公平な国際的富と権力配分を得るという追求を無視している」と偏った見解を示している。『タイムズ』と『Foreign Policy』は、中国をはじめとする発展途上国は、先進国を超える新しい国際経済秩序をリードするようになり、これは近代史上最も著しい国際体系の転換と権力移動で、中でも中国は極めて重要な役割を果たすと指摘している。英国の学者は、「中国は国際規範と貿易、金融、安全、気候変化などの分野の国際制度確立にますます深く参与するようになり、国際秩序の変革において重要な存在となっている」と話す。

「チャイナネット」 2009年8月28日

SNS 공유

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

ありません。

検索
전체 374件 9 ページ
Copyright © china7.jp. All rights reserved.