経済・産業

2月のCPI、6年ぶりのマイナス成長に

페이지 정보

본문

直近一年間の中国のCPIとPPIの変動
 

中国国家統計局の10日の発表によると、2月の消費者物価指数(CPI)は、前年同月に比べて1.60%低下した。都市部は1.9%、農村部は0.8%低下した。食品類価格は1.9%、非食品類価格は1.2%、消費財価格は1.5%、サービス価格は1.8%とそれぞれ低下した。中国のCPIの前年同月比マナナスは2002年12月以来6年ぶり。また、2月のCPIは前月比で横ばいとなっている。

消費者物価水準は、2008年12月に比べて0.9%上昇した。食品類価格は0.8%上昇し、中でも新鮮野菜は4.0%の上昇、新鮮タマゴは0.8%の低下となった。

2月の生産者物価指数(PPI)は、同4.5%低下し、1月3.3%から低下幅が拡大した。

CPI低下の原因について、昨年2月の基数が高いことと、春節(旧正月)後の食品価格の反落などが挙げられている。

「チャイナネット」2009年2月10日

관련자료

등록된 댓글이 없습니다.
전체 374건 / 19페이지

+ 공지글


  • 글이 없습니다.

+ 최근글


  • 글이 없습니다.

+ 새댓글


  • 댓글이 없습니다.

통계


  • 현재 접속자 57 명
  • 오늘 방문자 371 명
  • 어제 방문자 865 명
  • 최대 방문자 1,675 명
  • 전체 방문자 45,446 명
  • 오늘 가입자 0 명
  • 어제 가입자 0 명
  • 전체 회원수 8 명
  • 전체 게시물 3,201 개
  • 전체 댓글수 0 개