経済・産業

年報発表 工商銀行が世界で収益力最強の銀行に

페이지 정보

본문

「中国工商銀行」は今日、2008年度の業績を発表した。国際財務報告基準に基づく工商銀行の2008年度の税引き後利益は1112億元で、前年比35.2%増となった。EPS(1株当たり利益)は0.33元、期末配当は前年より24.06%多い10株につき1.65元を予定している。2008年、「中国工商銀行」は世界時価総額最大の銀行としての地位を固めると同時に、世界で収益力最強の銀行ともなった。

「中国銀行」に続き、A株市場で最大の時価総額を誇る上場企業2社の「中石油(ペトロチャイナ)」と「中国工商銀行」は26日、2008年の年度業績報告を同時に発表した。発表によると、中石油の純利益は1144億3100万元で、前年比22%の減益となった。「中石油」の2008年度の業績は思うようにはいかなかったものの、純利益1108億4100万元、前年比36%増益の「中国工商銀行」を抑え、「アジアで最も儲かっている会社」の座を守った。

A株市場で時価総額が最も大きい上場会社6社の年報が今月末までに出そろうことになっており、A株市場の上場会社全体の2008年の業績水準をかいま見ることもできる。業界筋は、これら超大手の指数構成銘柄の業績は一般的に透明性があり、業績の変化も市場の予測と一致しており、意外性はさほど大きくないと見られている。逆に、同時に発表される今年第1四半期の業績見通しは、今年の業績への展望、さらにはこれまでの政府の景気刺激策の効果も検証することができるため、市場では幅広い関心が持たれている。

「チャイナネット」2009年3月26日

관련자료

등록된 댓글이 없습니다.
전체 374건 / 19페이지

+ 공지글


  • 글이 없습니다.

+ 최근글


  • 글이 없습니다.

+ 새댓글


  • 댓글이 없습니다.

통계


  • 현재 접속자 66 명
  • 오늘 방문자 166 명
  • 어제 방문자 822 명
  • 최대 방문자 1,675 명
  • 전체 방문자 48,436 명
  • 오늘 가입자 0 명
  • 어제 가입자 0 명
  • 전체 회원수 8 명
  • 전체 게시물 3,201 개
  • 전체 댓글수 0 개