経済・産業

IMF:今年の世界経済は戦後最も深刻な後退に

페이지 정보

본문

国際通貨基金(IMF)が22日に発表したレポート最新号『世界経済見通し』の中で、世界経済は今年1.3%縮小し、第2次世界大戦後最も深刻な経済後退に陥るとの予測が出された。来年から世界経済は徐々に回復軌道に乗るが、伸び率は1.9%にとどまると見ている。

レポートでは、世界各国の経済はいずれも国際金融危機と経済活動の落ち込みにより深刻な影響を受けていると指摘された。昨年第4四半期、先進経済体の実質国内総生産(GDP)はかつてない7.5%の大幅低下となり、今年第1四半期も同じ速度で下降することが予想される。

確かに、経済衰退は世界的なものである。世界の4分の3の国の1人当たりの総生産額はいずれも低下する見通しで、ほとんどの国の経済成長率が2003~2007年の水準を大きく下回ることになる。同時に、製造業の輸出依存度が高い東アジア諸国と資本の大量流入で経済成長を維持していた東ヨーロッパ、独立国家共同体が受ける影響は特に大きい。

今年、先進経済体の経済成長率はマイナス3.8%となり、来年は成長率ゼロとなる。中でも、米国は今年2.8%のマイナスとなり、下半期に米国経済の低下速度は落ち、来年半ばには回復し始める。しかし、来年の通年の経済成長率はゼロとなる予想。ユーロ圏の経済は今年と来年、それぞれ4.2%と0.4%縮小する。日本、イギリス、カナダなどの先進経済体の今年の成長率はともにマイナスとなり、来年から回復するものの、大きな伸びは期待できない。イギリスは来年通年で0.4%のマイナス成長となる。

アジアの発展途上経済体は引き続き成長を維持し、今年と来年の経済成長率はそれぞれ4.8%と6.1%となる。中でも、中国の今年と来年の経済成長率はそれぞれ6.5%と7.5%で、インドの経済成長率はそれぞれ4.5%と5.6%となる。

ラテンアメリカの経済は今年1.5%縮小し、来年の成長率は1.6%となる。中東地域の今年と来年の経済成長率はそれぞれ2.5%と3.5%。独立国家共同体は今年5.1%縮小し、来年の成長率は1.2%となり、ロシア経済は今年6%縮小、来年は0.5%の低成長となる。そのほか、アフリカ経済の今年と来年の成長率はそれぞれ2.0%と3.9%となる。

「チャイナネット」2009年4月

관련자료

등록된 댓글이 없습니다.
전체 374건 / 18페이지

+ 공지글


  • 글이 없습니다.

+ 최근글


  • 글이 없습니다.

+ 새댓글


  • 댓글이 없습니다.

통계


  • 현재 접속자 50 명
  • 오늘 방문자 700 명
  • 어제 방문자 883 명
  • 최대 방문자 1,675 명
  • 전체 방문자 44,040 명
  • 오늘 가입자 0 명
  • 어제 가입자 0 명
  • 전체 회원수 8 명
  • 전체 게시물 3,201 개
  • 전체 댓글수 0 개