経済・産業

中国、国営独占産業を民間企業に開放

페이지 정보

본문

国営独占産業を民間企業に開放


中国政府が国営企業が独占するエネルギー、移動通信などに対する投資規制を緩和して民間資本誘致する作業に出る。
中国国家発展改革委員会は26日"エネルギー、鉄道、発電、移動通信、公共設備など多様な公共分野に対する民間資本の参加が切実だ"と"国務院が承認した規制緩和計画を根拠で関連分野の民間投資範囲を決めて地方政府も似ている措置を取るようにする"と明らかにした。
中国政府が民間投資誘致に率先することは景気浮揚に消極的な地方政府と民間企業の参加を督励するための苦肉策に解釈される。一刻では政府の民資誘致計画によってその間官僚中心で成り立って来た独占産業体制が民間部門中心で切り替えることができるはずだという期待感が出ている。市場中心体制に自然に切り替えるモメンタムになるはずだという見込みである。
しかし不器用な期待感は禁物という主張もしたたかだ。 最近中央政府が公開した景気浮揚資金4兆元の中で執行内訳を見ると中央政府が1兆1、800億元、地方政府及び民間部門が 2兆8、200億元を分けて引き受けるとしたが、4月末から現在2、300億元しか執行されていないし、これも皆中央政府から出したことで現われた。

관련자료

등록된 댓글이 없습니다.
전체 374건 / 15페이지

+ 공지글


  • 글이 없습니다.

+ 최근글


  • 글이 없습니다.

+ 새댓글


  • 댓글이 없습니다.

통계


  • 현재 접속자 65 명
  • 오늘 방문자 729 명
  • 어제 방문자 779 명
  • 최대 방문자 1,675 명
  • 전체 방문자 47,366 명
  • 오늘 가입자 0 명
  • 어제 가입자 0 명
  • 전체 회원수 8 명
  • 전체 게시물 3,201 개
  • 전체 댓글수 0 개