経済・産業

米国人が見た3つの異なる中国

페이지 정보

본문

1970年代、米国人は1ドルを稼ぐごとに14セントを貯蓄することができた。しかし今と昔では比べものにならず、米国の貯蓄率は下がり、住宅、家具、テレビ、自動車など全ての面において、米国人は赤字を被っている。4年前、われわれ米国人の出費は収入より3セントも多いという程度にまで達した。つまり、われわれが1ドルを手にすると、1.03ドルを支出し、これらの収入を超えた出費は借りたということになる。

しかし、現在の経済低迷により、われわれは暫定的に出費をやめている。最近の経済データによると、われわれが1ドルを持っていれば4セントを貯蓄できるという。われわれは再び正しい道を歩み始めているのだ。ここで比較してみよう。中国では、国民は収入の4分の1を倹約している。中国人は貯金をして発展に使用しているのだ。

私はこれまで中国を3度訪れたことがある。一度は1983年、当時中国人は主に徒歩で行動していて、自転車もそれほど多くなかった。道はぬかるんでいて、多くの人が平屋で生活していた。

1994年、私が中国を再び訪れた時、中国にはすでに大きな変化が見られた。道が平らになり、きれいなアパートが建ち、私が行った都市にはマクドナルドまであった。

今年初め、再び中国を訪れる機会があり、このとき見た変化はさらに驚くべきものだった。私は上海で飛行機を降りたのだが、そこは今までに見た中で最も近代的な空港だった。上海には2200万人の人口がいる。1988年、当時最も高い建物は20階建てだった。その後、上海には5000を超える15階建て以上のビルが建設された。中国人は非常に努力している。この世界でわれわれが深刻な挑戦に直面していることをあなたたちに知ってもらいたい。

米国人は、落胆的に感じたり過去のよかった時期を振り返るたびに、いつも未来をよりよくする方法を見つけ出している。1980年を振り返ってみよう。われわれは当時、大恐慌以来最も深刻な衰退に陥ったが、日本は日に日に発展していった。当時、日本がわれわれの朝食、昼食、夕食を平らげてしまうと思っていた。デトロイトの自動車作業員たちは金づちで古い日本車をたたき壊していたことを覚えている。こうすることでトヨタを阻止できるような気がしていたのだ。われわれは日本企業が米国のすべてに勝つのだと思い込んでいた。

その後どうなっただろうか?われわれはその苦難の時期を耐え抜き、現在は回復している。29年前、日本人との競争が苦難に満ちていたように、中国人との競争も苦難に満ちるであろうことを私は伝えたい。しかしわれわれはやり遂げるだろう。なぜなら、いかに革新と教育を行うか知っているからだ。これらこそが本当に重要なのだ。(作者 米・クラーク・ホワード)

「チャイナネット」 2009年6月3日

관련자료

등록된 댓글이 없습니다.
전체 374건 / 14페이지

+ 공지글


  • 글이 없습니다.

+ 최근글


  • 글이 없습니다.

+ 새댓글


  • 댓글이 없습니다.

통계


  • 현재 접속자 47 명
  • 오늘 방문자 639 명
  • 어제 방문자 865 명
  • 최대 방문자 1,675 명
  • 전체 방문자 45,714 명
  • 오늘 가입자 0 명
  • 어제 가입자 0 명
  • 전체 회원수 8 명
  • 전체 게시물 3,201 개
  • 전체 댓글수 0 개