経済・産業

中国、7月の発電量は4.2%増 今年最高に

페이지 정보

본문

中国国家電力調整通信センターの最新データによると、7月の全国の発電量は3484億9500万キロワット時に達し、前年同期比で4.21%増となり、春節(旧正月)要因を除くと、7月の発電量の伸び率は年内最高となった。また7月の伸び率は、6月の3.59%を上回っている。

地域別で見ると、7月は東南沿岸部の先進地域の多くが、電力使用量のプラス成長を維持している。中でも、広西チワン族自治区は12.27%、福建省は7.7%、浙江省は4.3%、山東省は4.4%、広東省は7.0%の伸びだった。ただ、江蘇省と上海市の電力使用量はそれぞれ1.3%と3.7%減少した。

エネルギー多消費地区の電力使用量の増加状況になお大きな違いが見られる。河北省と河南省は鉄鋼生産の大幅回復により、7月の電力使用量伸び率はそれぞれ13.6%、12.7%となり、雲南省、寧夏回族自治区、山西省はエネルギー多消費産業の生産能力回復に伴い、電力使用量はそれぞれ7.2%、2.6%、0.3%の増加となった。一方で、遼寧省、内蒙古自治区、貴州省、甘粛省、青海省の電力使用量は引き続き減少し、それぞれ0.8%、4.8%、5.3%、5.2%、7.4%減だった。

そのほか、7月下旬の水力発電の伸び率は前期比で-0.9%、火力発電の伸び率は同2.62%で、水力発電の伸び率が前期比で大きく低下した。

「チャイナネット」 2009年8月5日

관련자료

등록된 댓글이 없습니다.
전체 374건 / 11페이지

+ 공지글


  • 글이 없습니다.

+ 최근글


  • 글이 없습니다.

+ 새댓글


  • 댓글이 없습니다.

통계


  • 현재 접속자 37 명
  • 오늘 방문자 727 명
  • 어제 방문자 812 명
  • 최대 방문자 1,675 명
  • 전체 방문자 49,809 명
  • 오늘 가입자 0 명
  • 어제 가입자 0 명
  • 전체 회원수 8 명
  • 전체 게시물 3,201 개
  • 전체 댓글수 0 개