経済・産業

中国の輸出、第4四半期はプラス成長の予想

페이지 정보

본문

複数の外資系予測機関は最近、外的経済環境が好転しているという状況の下で、中国の輸出の回復傾向が顕著であり、今年第4四半期にプラス成長になると予想した。

野村證券は、米国経済に回復の兆しが現れていると見ている。不動産部門に近頃回復の兆しが現れているほか、上半期の在庫は歴史的な低下となり、下半期の生産大幅回復の基礎を固めている。米国経済には、回復の希望を与えるますます多くの経済データが現れている。1930年代以降最も長く、最も深刻な衰退は終わりに近づいている可能性があるという。

また、申銀万国証券研究所の江蘇省、浙江省などの輸出大手企業を対象とした調査・研究結果によると、輸出状況は前期比で改善され、最悪の時期を過ぎ、港湾輸送、家電などの業種にはいずれも回復傾向が見られる。

港湾輸送企業のデータによると、世界コンテナ水上運輸の遊休生産能力は減少しつつあり、6月は11%、7月は10%だった。8月の米国路線、ヨーロッパ路線の運賃は、輸送量回復の堅調さを下支えとし値上げも検討されている。もっとも、7月はヨーロッパ路線がやや低迷する時期だったが、今年は前月比である程度の上昇も見られる。3月以降、上海港の対外貿易コンテナ輸送量はおおむね安定を維持すると同時に、小幅ではあるが上昇もしている。今年、輸送量の減少が最大となるヨーロッパ路線も、7月に回復している。

家電・機械などの輸出企業では、エアコン部品企業の輸出受注が6月に上昇に転じており、日本と韓国からの受注は最も速い回復を見せている。6~7月には、国外販売はすでに前年同期比で約10%のプラス成長となった。7月の対米輸出は前月比で大幅な伸び(7月以後はオフシーズン)を示した。8月の輸出受注は7月と比べて横ばいとなっている。電気設備企業では、上半期の月ごとの輸出額は前月比で回復(5月は例外)し続けており、6月は7%のプラス成長となった。

申銀万国証券研究所はまた、一部の輸出企業は輸出の持続的な回復になお慎重な見方を示しているとも指摘する。

「チャイナネット」 2009年8月11日

관련자료

등록된 댓글이 없습니다.
전체 374건 / 11페이지

+ 공지글


  • 글이 없습니다.

+ 최근글


  • 글이 없습니다.

+ 새댓글


  • 댓글이 없습니다.

통계


  • 현재 접속자 53 명
  • 오늘 방문자 518 명
  • 어제 방문자 877 명
  • 최대 방문자 1,675 명
  • 전체 방문자 42,975 명
  • 오늘 가입자 0 명
  • 어제 가입자 0 명
  • 전체 회원수 8 명
  • 전체 게시물 3,201 개
  • 전체 댓글수 0 개