経済・産業

中国社会科学院が今年の国内総生産(GDP)が10%成長すると予測

페이지 정보

본문

中国社会科学院が今年の国内総生産(GDP)が10%成長すると最近出した報告書を通じて展望した。

新華通信は7日中国社会科学院予測科学研究センターが6日発表した'2010中国経済予測と展望'を引用して"今年大きい変化の要素がなく、政府の出口戦略と不動産政策が安定的の場合GDPは10%成長して物価も安定的に上昇するだろう"と報道した。

報道によれば報告書は今年1分期から4分期まで分期別GDPを各々11%,10.2%,9.5%,9.8%で予測した。

だが投資は政府の景気浮揚策にもかかわらず25%増加するだけに終わって昨年の30.1%には至らなく、世界経済回復傾向にともなう需要増加で輸出は16.6%、収入は18.9%各々増えて全体輸出入規模は昨年より17.6%増加すると展望した。

この他にも消費者物価指数(CPI)と生産者物価指数(PPI)は各々前年同期比3.06%と5.22%上昇すると予測した。

       チャイナセブン

관련자료

등록된 댓글이 없습니다.
전체 374건 / 3페이지

+ 공지글


  • 글이 없습니다.

+ 최근글


  • 글이 없습니다.

+ 새댓글


  • 댓글이 없습니다.

통계


  • 현재 접속자 76 명
  • 오늘 방문자 682 명
  • 어제 방문자 810 명
  • 최대 방문자 1,675 명
  • 전체 방문자 50,574 명
  • 오늘 가입자 0 명
  • 어제 가입자 0 명
  • 전체 회원수 8 명
  • 전체 게시물 3,201 개
  • 전체 댓글수 0 개