経済・産業

中国がドイツを抜いて世界2位の輸入市場に

페이지 정보

본문

中国経済

昨年中国がドイツを抜いて世界2位の輸入市場に浮上した。 グローバル金融危機で全世界の輸入規模が大幅に減ったが中国の輸入比重は堅調な成長の勢いを見せたし、主要国家らの対中国輸出依存度も持続的に高まったことが分かった。

KOTRA中国地域本部は2日世界貿易機構(WTO)が最近発表した資料を引用してこのような報告書を発表した。

報告書によれば昨年全世界輸入規模が前年に比べ24%も減少したが中国輸入市場は-11%減少した1兆60億ドルに過ぎなかった。

これで中国は米国(1兆6040億ドル)に続き世界2位輸入国に浮上したし、2008年2位であったドイツは昨年輸入規模が9310億ドルに減って中国に続き3位に押し出された。 中国の世界輸入市場比重も2008年の6.9%から2009年の8%で堅調な伸張傾向を見せた。

中国は昨年の経済成長により輸入市場を拡大して世界主要国家らの最大輸出市場に位置づけた。

日本とイタリア、韓国、ブラジル、南アフリカなどでは中国が最大輸出市場であったし、マレーシアとインドネシアでは2番目の輸出市場、米国とEU、インド、ロシアでは3番目の輸出市場で席を固めた。


報告書は今年中国輸入市場と関連して中国政府が今年貿易増加率を8%に設定しているが実際は10%以上増加すると見られるとし今年に入り施行された中国-アセアンFTAと今年締結予定の中国-台湾経済協力基本協定(ECFA)等が中国輸入市場の変化の要素として作用すると展望した。

           チャイナセブン

관련자료

등록된 댓글이 없습니다.
전체 374건 / 1페이지

+ 공지글


  • 글이 없습니다.

+ 최근글


  • 글이 없습니다.

+ 새댓글


  • 댓글이 없습니다.

통계


  • 현재 접속자 55 명
  • 오늘 방문자 717 명
  • 어제 방문자 877 명
  • 최대 방문자 1,675 명
  • 전체 방문자 43,174 명
  • 오늘 가입자 0 명
  • 어제 가입자 0 명
  • 전체 회원수 8 명
  • 전체 게시물 3,201 개
  • 전체 댓글수 0 개