旅行・滞在

国内観光の4つの大きな注目点

페이지 정보

본문

中国社会科学院は20日に発表した「観光緑書:2009年中国観光発展の分析と予測」では、中国観光産業の中で国内観光が最も重要な部分になっていることが明らかになった。

観光市場は大きく、国内観光、海外観光、外国人観光客の受け入れというの3つに分かれる。国内観光は1980年代から国や関連部門が重視するようになり、90年代後半から積極的に発展させるという方針が明確に打ち出されたことで、国内観光市場は着実に拡大の勢いを見せた。

2006年には、「国内観光市場を観光産業の基本立場」や「国内観光を全面的に推進する」といった方針が出され、地方政府も国内観光をより重視するようになり、観光客のニーズもさらに充実していく。

この緑書では、以下の4つの大きな国内観光の注目点を挙げている。①北京オリンピック後の効果を発揮し、オリンピック関連の施設などを魅力ある国内観光の目玉にする。②革命根拠地への観光路線をさらに増やし、営業にもさらに力を入れる。③現行の休暇制度に合わせて観光商品を開発する。④農村観光には新しいアイディアが必要。

農村観光はこの数年、国内観光のホットスポットとして、特に週末や短期間の連休には多くの人が訪れるようになった。しかし緑書では、農村観光は全体的に見てひどく均一化しており、規格化を強調するあまり各地の特徴を無視するのはよくなく、規模を拡大してランクを上げ、消費をあおり、農村観光を都市化して高級化するのはよくないと指摘している。

 

「チャイナネット」 2009年5月21日

관련자료

등록된 댓글이 없습니다.
전체 191건 / 7페이지

+ 공지글


  • 글이 없습니다.

+ 최근글


  • 글이 없습니다.

+ 새댓글


  • 댓글이 없습니다.

통계


  • 현재 접속자 64 명
  • 오늘 방문자 719 명
  • 어제 방문자 812 명
  • 최대 방문자 1,675 명
  • 전체 방문자 49,801 명
  • 오늘 가입자 0 명
  • 어제 가입자 0 명
  • 전체 회원수 8 명
  • 전체 게시물 3,201 개
  • 전체 댓글수 0 개