旅行・滞在

中国2010年の観光地飲食業市場規模が2千億元

페이지 정보

본문

中国観光地の飲食業売上げが来年2千億元をのぼることと見込まれた。21日半官営通信社である中国新聞社の報道によると、中国社会科学院旅行研究センターは `2009年旅行録書'で旅行客を対象にした中国観光地の飲食品市場が最近数年間持続的に成長していて来年は2千億元に至ると予想した。

中国観光地飲食品市場規模は 2001年 397億5千200万元から 2006年 838億5千600万元に大きくなったし、最近数年の間成長速度が早くなった。

この市場は外国人の入国と国内人の国内観光増加で売上げが大幅に上昇して旅行売上げよりもっと早いスピードで増加している。こんな成長は中国観光地の少数民族食、農家食、伝統料理など多様な飲食品市場が形成されたからと解釈された。

しかし中国観光地の飲食業は旅行社のコミッション授受による飲食品の質低下と地域別に特化した食品開発努力の不十分などの問題を解決すると一段階もっと成熟すると指摘された。社会科学院は旅行増加で創意的な食べ物の開発がもっと必要になったと強調した。

  編集:CHINA7

관련자료

등록된 댓글이 없습니다.
전체 191건 / 7페이지

+ 공지글


  • 글이 없습니다.

+ 최근글


  • 글이 없습니다.

+ 새댓글


  • 댓글이 없습니다.

통계


  • 현재 접속자 66 명
  • 오늘 방문자 530 명
  • 어제 방문자 877 명
  • 최대 방문자 1,675 명
  • 전체 방문자 42,987 명
  • 오늘 가입자 0 명
  • 어제 가입자 0 명
  • 전체 회원수 8 명
  • 전체 게시물 3,201 개
  • 전체 댓글수 0 개