旅行・滞在

雲南の独竜族を訪ねる 

페이지 정보

본문

顔に刺青をした独竜族の女性。独竜族の女性はかつて、12歳から13歳ごろになると竹べらを顔にさし、灰を顔につけて顔料を皮下にしみこませ、チョウに似た青い模様を顔につける習慣があった。この習慣は1967年に廃止された。現在刺青が残っている女性は40人以下となった。

雲南貢山独竜(トールン)族怒(ヌー)族自治県の独竜江郷にある高山峡谷の奥地に、中国で人口が最も少ない民族の1つ、独竜(トールン)族が暮らしている。総人口は約6千人。新中国が成立する前、独竜族はまだ原始社会の末期段階にあった。1年の半分は大雪に山道が閉ざされ、世間と断絶されてしまうほか、その他の季節も深い山谷に外部との往来が阻まれている。
近年、独竜江郷の様子は大きく変わった。初の簡易道路が通り、村の中に電気が通った。村人はテレビを見、携帯電話を使えるようになった。郷内には郷級の小学校が1カ所、村級の小学校が5カ所でき、さらに衛生院(郷級の病院)のほか、村級の衛生室が6カ所できた。独竜族の人々は現在、貧困から抜け出す道を歩みつつある。(編集SN)

 「人民網日本語版」 2009年6月11日

관련자료

등록된 댓글이 없습니다.
전체 191건 / 7페이지

+ 공지글


  • 글이 없습니다.

+ 최근글


  • 글이 없습니다.

+ 새댓글


  • 댓글이 없습니다.

통계


  • 현재 접속자 68 명
  • 오늘 방문자 736 명
  • 어제 방문자 812 명
  • 최대 방문자 1,675 명
  • 전체 방문자 49,818 명
  • 오늘 가입자 0 명
  • 어제 가입자 0 명
  • 전체 회원수 8 명
  • 전체 게시물 3,201 개
  • 전체 댓글수 0 개