孫文 > 中国人物

본문 바로가기

サイト内検索

中国人物

孫文

ページ情報

no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 09-05-19 23:21 view 5,559回 コメント 0件

本文

中国近代民主革命の先駆者-孫文


孫文 (1866~1925)の名前は文、 字は徳明、 号は日新または逸仙で広東省香山(香山: 今の中山市)翠亨村の出身である。日本で革命活動をする時名前を中山に変えた。

光緒5年(1879) 孫文はお母さんに付いてホノルル(Honolulu)に行った。 当時そこの華僑資本家だった長兄の孫眉の助けで孫文はホノルル、広州、 香港等地を往復しながら洋式近代教育を体系的に受けることができた。 1883~1885年の中国フランス戦争は孫文に民族の危機を求めなければならないという愛国的情熱を催した。 そして清政府の腐敗と無能さを目撃しながら反清思想と資産階級政治方案で中国を改革するという思想を考え始めた。 それで彼はよく反清関連言論を発表しながら初期の改良主義者である何啓と鄭観応などと交流を増やした。

1892年孫文は香港西医書院を卒業した後、 マカオ、 広州等地で医者生活をしている途中に意のある人々と一緒に革命団体創設を準備した。
1894年孫文は李鴻章に手紙を送って "人はその才能をつくさなければならないし、 土地はその利益をつくさなければならないし、 品物はその使いを終えなければならないし、 財貨はその流れが通じなければならない"と言う改革的な進言をしたが受け入れられなかった。
1894年 11月、 孫文は上海からホノルルに行って興中会を組織して、 "満州族逐出、 中国回復、 連合政府建設"を綱領にした。

1895年 2月、 香港興中会を創設し、同年 10月に興中会は広州で武装蜂起を謨議したが情報が漏洩して失敗し、孫文は海外に逃亡した。

1896年 10月、 イギリスロンドンで清公使館に逮捕されたが、イギリス友達の助けで危機を兔られた。 その後孫文は欧米各国の政治経済状況と多くの流派の政治学説を研究して、 欧米各国の進歩的人士とも接触を持ちながら彼の独創的な民生主義理論を完成し、三民主義思想の基礎が形成させた。
1897年孫文はイギリスでカナダを経って日本に行って政府と在野人士と友情を結んだ。戊戌変法以後日本の友好的な人士の活動で孫文は康有為、梁啓超を代表にする改革派と合作問題を論議したが、改革派が皇帝体制を堅持して革命を反対したことで合作は実現することができなかった。
1904年孫文は日本、 ホノルル、 ベトナム、タイ、 アメリカ等地で華僑と留学生たちを対象で革命を宣伝した。 1905年にはフィリピン、 ドイツ、 フランス等地の留学生たちの中で革命団体を組織して、 この時期に国内の革命団体、 革命支社たちとも関係を結んだ。
1905年 8月、 孫文は黄興などとともに興中会、華興会などの革命団体を基盤として日本東京で同盟会を創建した。 ここで孫文は総理に推戴されたし、 彼が申し立てた "満州族逐出、 中華回復、 民国創立、 土地所有の均等"が同盟会の綱領に採択された。 同盟会の機関紙 ≪民報≫ 発刊社で孫文は一番先に "民族、 民権、 民生"の 3大主義を発表した。 同盟会の成立は全国革命運動の発展を力強く促進させた。 彼は国内外各地に人々を派遣して組職を発展させて革命を宣伝した。 その自分も直接華僑たちに広報しながら募金活動をしたし、 その結果いくつかの地域で同盟会の支部が創立されたりした。 孫文は中国革命民主派の先鋒になったのだ。 彼が主導した改良派批判は辛亥革命の力強い思想的基礎になった。 

1906~1911年、 同盟会は華南各地で何回も武装蜂起を起こした。 孫文はそういう蜂起に戦略方針を提供してくれただけでなく海外を通いながら蜂起のための募金活動をした。 たとえこれらの蜂起は大衆的基盤が不足で組職図が緻密ではなくて皆失敗で終わってしまったが、 革命の熱気が全国的に拡散するきっかけを用意することで清政府に多い打撃を加えた。 特に 1911年 4月 27日の広州黄花岡事件は中国全域を大きく搖るがした。 

1911年 10月 10日、 武装蜂起を基点で全国各地でこれに互応する一揆が相次いで起きた。 孫文はアメリカでこの消息を接した後 12月下旬に中国に帰って来て 17個の省代表者たちによって臨時大総統に推戴された。 1912年 1月 1日、 南京で臨時大総統就任を宣布して中華民国臨時政府を構成した。 1912年 2月 12日、 清王朝の最後の皇帝である宣統帝溥儀は強制退位された。 こういうわけで中国は 2000余年にわたった君主独裁制度を終わらせて共和国を建設した。
3月 11日、 孫文は <中華民国臨時約法>を頒布した。
帝国主義と封建主義の強大な圧力と革命党内部の葛藤によって孫文は 1912年 2月 13日臨時大総統職を袁世凱に譲位したし、 4月 1日公式に解任された。 その後 1余年間孫文は民生主義を積極的に宣伝したが、 政権が袁世凱の手元に落ちた後だからこのような孫文の努力は何らの成果をおさめることができなかった。 

1912年 8月、 同盟会は国民党を改編して孫文を理事長と推戴した。 1913年 3月、 袁世凱が国民党代理理事長である宋教仁を暗殺すると、 孫文は武力で袁世凱を打倒することを主張した。 7月に2次革命を起こしたが失敗して彼はまた日本に避難した。 1914年6月、 孫文は東京で中華革命党を組織し、 1915年5月初に中国に帰って共和政体制守護のための持続的な闘いを展開した。 やや過ぎて日本に帰って 10月 25日東京で宋慶齢と結婚した。
1917年7月、段祺瑞の北洋軍閥が国会を解散させて <臨時約法>を廃棄すると、 孫文は西南軍閥と連合して広州で軍事政府を立てた。 9月に大元帥に推戴されて <臨時約法>を守護するための闘いを展開した。 しかし孫文は軍事政府内でも軍閥と政治家たちの排斥を受けて 1918年 5月仕方なく大元帥を辞任して日本を経って上海に行った。 
1917年ロシア10月革命が成功すると孫文は 1918年夏にレーニンとソビエト政府に祝電を送った。 1919年の5.4運動は彼を大きく激励させた。 孫文は 1920年から蘇連人士と接触し始めて、 1921年 12月に桂林からkominternの代表Maringを接見した。 1922年 4月、 また広州で蘇連の全権代表と会見を持った。
1919年 10月、 中華革命党を中国国民党に改編し,1920年 8月、 孫文は福建省と広東省駐屯軍に回軍を命令して広東で桂系軍閥を追い出した。 11月孫文は広州に帰って再び <臨時約法> 守護の旗を立てた。
1921年 5月、 広州で非常国会の推戴で非常大総統に就任した。 続いて陸栄廷の勢力を消滅させた後、 広東と広西を基地として北伐を準備した。 広東軍の指揮権を掌握した陳炯明が 1922年 6月に反乱を起こした。 孫文は危険から脱した後海軍を導いて叛軍に対する反撃を開始したが、 他の部隊の支援をもらうことができなくて仕方なく広州を離れて上海に行った。 陳炯明の反乱は孫文をとても難しい状況に落とした。孫文はコミンテルンと中国共産党の助けを借りることに決心して、李大釗など共産党人士を個人資格で中国国民党に加入するようにした。
1923年 1月、 蘇連代表Joffeと <孫文Joffe宣言>を発表してロシアとの連合のための政策的基礎を確かめて、 直ちに廖仲凱を日本に派遣してJoffeと交渉を進行するようにした。 1923年 2月、 孫文は上海から広州に帰ってまた陸海軍最高司令部を創建して、 大元帥の名前で全軍を統率して政務を総括した。 これと同時に徐徐に中国国民党改編準備作業に拍車をかけた。 8月に阡」介石を中心にする '孫逸仙博士代表団'を蘇連で派遣して政治と党務、 軍事を視察するようにした。 10月蘇連で派遣されたBorodinを顧問に招いた。 続いて廖仲凱、譚平山などで構成された新しい中国国民党臨時中央執行委員会に国民党の改編作業を責任負って準備するように委任した。 
  
1924年 1月、 孫文の主観で中国国民党第1次全国代表大会が広州で召集された。 ここで新しい党綱領と憲章を制定して、 事実上 "ロシアとの連合、 共産党との連合、 労動者農民に対する援助"という 3大政策を確立して、 中国共産党員が参加する中央統治器具を構成した。 この大会で通過された <中国国民党第1次全国代表大会宣言>で孫文は三民主義に対して新しい解釈を下して返済反封建的な内容を補った。 中国国民党第1次全国代表大会の召集は孫文の革命思想と革命事業が新しい段階に発展したということを意味する。

1924年 5月、 孫文は広州黄埔長州島で陸軍軍官学校を創設して革命軍隊の設立のための基礎を確かめた。
このような一連の革命闘争を通して孫文は帝国主義の打倒だけが中国の独立と富強を保障してくれることができると認識した。 1923年 12月、 広東革命政府が義和団事件の時の広東税関の賠賞金を抑留して税関の主権回復を要求すると西洋列強たちは大規模軍艦を広州前の海に集結させて孫文に脅威を加えた。 義和団事件の時の賠賞金問題に対する孫文の立場は断固していて、 1924年 5月に西洋列強たちに広東政府が受けなければならない賠賞金を支払うように要求した。

1924年 10月、 孫文は広州商人団体が起こした武将反乱を押えた。 1924年 10月、奉系軍閥の司令官張作霖と直系軍閥の馮玉祥が連合して曹髞氓ェ司令官である直系軍閥政府を転覆させた。 馮玉祥、段祺瑞、張作霖は孫文に電報を送って国政を一緒に論議することを要請した。 孫文はこの要請を受け入れて 11月に広州を離れて北に行った。 12月末病気を冒して北京に到着したが、 1925年 3月 12日、 肝臓癌で北京で世を去った。 

孫文は中国の偉い民主革命の先駆者であり、 中国を改革するために一生の間すべての精力を使った。彼は中国歴史上不朽の功績を立てたし、 政治的でも中国人たちに大事な遺産を残してくれた。

彼の主要な著作は ≪建国方略≫、 ≪建国大岡≫、 ≪三民主義≫ などがある。 彼の著述は彼が世を去った後に全集で何回も出版されたが、 代表的なのは 1986年中華書局で出版された ≪孫中山全集≫(11巻本)、台北で出版された ≪国父全集≫ などがある。

SNS 공유

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

ありません。

検索
전체 55件 4 ページ
Copyright © china7.jp. All rights reserved.