曹操 > 中国人物

본문 바로가기

サイト内検索

中国人物

曹操

ページ情報

no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 09-05-18 21:58 view 5,010回 コメント 0件

本文

[0]14.jpg

曹操-治世の能臣、乱世の奸雄


曹操(155~220)は漢・魏時期に沛国隹ッ(今の安徽省<亳州>) 出身で、 字は孟徳で幼い時の名前は阿瞞だ。 ≪三国志・魏志≫「武帝紀」によると、 彼の生まれに対する詳しい記録はわからなくて、 ただ彼の父親曹嵩は本来の姓が夏候だったが、後に宦官曹騰の養子に入って行ったから姓を曹氏に変えたという事実だけ知られている。曹操は幼い時から聡いながらもちょっと遊蕩して、 狩りと歌舞が好きで権謀の実施と臨機応変に上手だった。 これに関しては次のような有名なエピソードが伝わっている。

一度は曹操の叔父が彼の品行を非常に不満に思って兄の曹嵩に厳しく取り締まりなさいという忠告を何回もした。
そういう事実が分かった曹操はある日叔父を見て急に地に倒れて中風にかかったぶりをした。 彼の叔父はびっくりして慌てて曹嵩に知らせた。 しかし曹嵩が駆けて来た時曹操は何らの事がなかったようにしていた。曹嵩は非常に変に思って曹操に聞いた。

"叔父は君が中風にかかったと言っていたが、どうした事なのか?" 曹操は非常に悔しいというように答えた。"素子はもともとどんな病もなかったが、叔父は私が憎くてわざとお父さんの前で私をおとし入れたのです。"
曹嵩は曹操の話を聞いて以後には曹操の叔父が曹操に対してどんな過ちを言っても全然心に留めて聞かなかった。 それで曹操はもっと自分勝手にふるまいながら歌舞と女色に深くはまった。

曹操はすぐれた才と雄大な知略を持ったから当時に名声が持ちきりだった学者許某は曹操のことを、 "治世には有能な臣下になるはずで、 乱世には奸雄になるでしょう。"と予言した。 そういう曹操は東漢末期(155~220)に桓帝・霊帝・少帝・献帝の4代の皇帝を経りながら暮した。 この時期は中国歴史上一番混乱した時期中の一つである。

内部的には政争の渦の中で政治的腐敗が極甚だったし、全国各地で戦乱が絶えなくて民生は塗炭に抜けた。 特に黄巾敵の乱と董卓の乱で造成された割拠勢力たちの大混戦は民たちにもっと深刻な打撃を加えた。 歴史的記録によれば、 当時に関中地域は民たちが死ぬとか四方で散らばって 2~3年の間に人跡が切れたし、 民たちはお互いを食って町中ががらんと空いて白里の中に人がいなかったと言った。 曹操は <蒿里行> 詩で当時の状況をこんなに描いた。
     白骨露于野、      白骨が野原に散らばっていて、
     千里無鷄鳴。      千里中に鶏鳴音がない。
     生民非遺一、      民は一人も残らなくて'
     念之斷人腸。      思うほど腸が切れるようだね。
 
このような時代的な状況では曹操のような英雄が出現して戦乱を終熄させて民を求めることは時代的の需要で歴史的の必然だった。 当時に一部の知識人たちは腐敗した門閥勢力の伝横に対応して国政を変えようとしたが、大部分が投獄されるとか獄中で死亡したし、やっと生き残った人々も政治活動が禁止された。 これが歴史的に有名な'党錮之禍'だ。曹操は政治舞台に登場するやいなや直ちに門閥勢力に対立して頑として闘争した。

東漢・霊帝・熹平3年(174)、 曹操は 20歳に洛陽北部尉に上がってからすぐ頓丘(今の河南省<浚県> 西の方) 県令に専任された。中平元年(184)に彼は騎都尉に任命されて穎川(今の河南省<禹県>)の波才が導く黄巾の敵を押えるのに功を立てることで斉南相と昇進した。
中平 4年(187)に彼は官職を辞任して故郷に降りてから、 その翌年また典軍校尉に任命されて兵権を回復して洛陽に帰って来た。 この時東漢政権は黄巾の敵の乱で大きく動搖していた。

中平6年(188、董卓が朝政で権力を専横すると、曹操は洛陽に下がって陳留(今の<南開封> 東南)で家産をはたいて兵 5000人を募集した。
東漢・献帝・初平元年(190) 春、関東の各郡県で董卓を糾弾するために軍隊を起こして、渤海太守である
袁紹を盟主にした。 この時曹操は董卓討伐連合軍に加わって奮武将軍に任命された。 しかし董卓の軍隊があんまり強かったので討伐軍は 10万もなったが誰も前に乗り出すことができなかった。 ただ曹操の軍隊だけ西の方に進撃して貊似zに至って董卓軍と交戦をしたが、敗れて酸棗(今の河南省<延津>)に退却した。 その後独自の路線を歩くことに決心した曹操は献帝・初平 2年(191)に黒山軍白繞部を押えて濮陽(今の河南省濮陽西南)を占拠した。

献帝・初平3年(192年)に曹操は袞州(今の山東省<金郷県> 西北)を占拠して青州(今の山東省<豺・試s> <臨豺萀> 北)の黄巾の敵を撃退して、 精鋭兵30万を選抜して '青州軍'を組織しながらその勢力がますます大きくなり始めた。
献帝・初平4年(193) 秋、曹操はお父さんを殺した復讐をするという名分で徐州を攻撃してから数万人の兵士を失ってその翌年の春に袞州で後退した。 初平5年(194) 夏にまた徐州を攻撃したが、 この時は呂布などが虚点を狙って袞州を占領することで曹操は苦戦のあげくやっと奪われた地を取り戻した。

この時から彼は北方の統一のための基礎を一つ一つ押し堅めて行った。 先に彼は "基礎を丈夫にして天下を抑圧しなければならない"と言う荀彧の建議を受け入れて袞州と予州に基地を建てた。
東漢献帝建安元年(196)、曹操は軍隊を導いて洛陽に行って献帝を近付けながら建徳将軍・鎭東将軍・司隷校尉・録尚書事などを歴任しながら朝政大事に干与し始めた。 その後彼は献帝を自分の勢力範囲にある許昌(今の河南)に移した後、 皇帝の名義で各種詔勅を頒布して諸侯たちを号令するなど政治的実権を掌握した。許昌で彼は流浪する農民たちを召集して荒れ地を開墾するようにして軍人たちにも農業をするようにしてそれを軍屯といった。
このようにして彼は一次的に民たちに自給自足の道を開いてくれて北方地域の経済的基礎を用意した後、 ひいてはこちらを以後数年に掛けて続いた戦争の主な普及基地にした。彼はこのような条件を土台で北方の統一戦争を一つずつ遂行して行った。 彼は先に袁紹を退けて呂布を殺した後劉備と張繍を追い出して黄河と淮水の間の広大な地域を占拠した。 こういうわけで彼は黄河以北の袁紹と匹敵できるような力量を取り揃えるようになった。

献帝建安5年(200)、 袁紹は 10万大軍を導いて南下した。曹操は万余名の兵力で官渡(今の河南省<中牟> 境内)に陣を張って出戦を準備した。2ヶ月の間に袁紹は曹操の軍隊が防御していた黎陽を占領した後黄河を渡って南下して白馬(今の河南省<滑県> 境内)をかこんだ。 曹操軍は先に西の方に向かって北で黄河を渡る態勢を取り揃えて袁紹軍が攻め寄せるように誘引した後、 速かに東に進撃して袁紹軍の将校顔良を殺して白馬の包囲網を解体させた。

その後白馬にいた軍士たちを全部南に移動させて袁紹軍が攻撃して来るのを待ってから、中間に待ち伏せを設置しておいて袁紹軍の大将文丑を殺すことで袁紹軍に莫大な損失を加えた。 袁紹は最初戦闘で敗れた後にもずっと南下して兵力の優位だけ信じて曹操軍を撃破しようと思った。曹操軍は官渡で川を間に置いて袁紹軍と対置した。 10月、 曹操は袁紹を裏切って帰順した謀士許攸の建議を受け入れて、 直接精鋭兵 5千を導いて袁紹軍の陣営北にある食糧普及基地烏巣を奇襲して食糧を全部焼いてしまった。 この時袁紹は烏巣が被襲されたということが分かったが、ただ騎馬兵だけ派遣して助けるようにして本隊は相変らず曹操軍を一挙に大破する準備をしていた。しかし数日後烏巣が占領されたという消息が伝わると袁紹軍の張驛モヘ曹操軍に投降した。ここに袁紹軍は混乱に陷った袁紹軍と大きく戦った。袁紹は 800人余りの騎馬兵とともに黄河を渡って逃げて残りはほとんど殲滅された。 ここに曹操は続いて冀州・青州・并州を占領した後幽州に進撃した。

献帝建安7年(202)、 袁紹が死ぬと彼の息子袁譚と袁尚の間に内紛が起きたが、 袁譚は曹操とのけんかで被殺されて、 袁尚と袁煕は烏桓(今の冀東遼寧一帯)に逃げて再起を狙った。
曹操は袁紹の残余勢力を掃討して北方の国境を強化するために烏桓を征伐する準備をした。建安12年(207) 夏、 曹操は軍隊を導いて無終(今の<天津> <闢沍ァ>)に出動して烏桓を攻撃した。 雨がたくさん降って烏桓軍が警戒を緩めたすきに乗じて曹操はそこの名士田疇の案内を受けて秘密的に進撃して白狼山で烏桓軍を大破して柳城を占領した。 袁尚と袁煕は数千名の騎馬兵とともに遼東太守公孫康の所に逃げだした。 この時誰かが続いて公孫康を攻撃しようと建議すると曹操はこんなに言った。

"私たちが公孫康に袁尚と袁煕の頭を出すようにすれば良いはずだから兵士らに迷惑をかけることまではない。"数日後果して公孫康は袁氏兄弟の頭を曹操陣営に送った。 この時に至って曹操は基本的に北方を統一した。
建安13年(208) 曹操は丞相に上がって大軍を導いて南下して荊州の劉表と江東の孫権を退けて中国の統一を達成しようとした。 9月に曹操君は新野(今の河南省境内)に至った。 この時劉表が病気に死ぬと彼の息子・・jは争わなくて曹操に降伏した。 劉表に頼って樊城(今の湖北省境内)に駐屯していた劉備は慌てて南に撤収した。 曹操は劉備を追撃して長坂(今の湖北省<当陽>境内)で劉備軍を大破して江陵(今の湖北省)を占領した後大軍を導いて江東を進撃した。しかし北から下った曹操の軍隊は水戦と南方の気候に慣れなかったし、 新たに編入された荊州の兵士らはまだ心理的に安定することができなかったし、 なおかつ引き継ぐ勝利でちょっと鼻が高くなった曹操は敵を過小評価していた。 それで歴史的に有名な赤壁大戦で曹操は孫権と劉備連合軍の火攻に大敗して莫大な損失を受けて北方に退却した。
こういうわけで当時の中国は三国が鼎立する局面を迎えるようになったのだ。 建安16年(211) 曹操は関中を平定して、 建安18年(213)年魏公に冊封された。 建安20年(215)漢中の張魯を降参させて、 その翌年(216)魏王に封ざれた。 この時期に彼は何回も孫権を攻撃したが、皆無為で終わったが、 この時から曹操の魏国は淮南地域で優勢を占めるようになった。
建安24年(219)漢中に至って曹操は兵力を荊州に集中的に投入して孫権と劉備の連盟を引き離して彼らを撃滅しようとする作戦に取り掛かった。 孫権を教唆して蜀漢の名将関羽を殺すようにした後不利だった荊州前線で迅速に優位を取り戻した。建安25年(220) 正月、 曹操軍の威勢が盛んになる時の曹操は洛陽で病気で世を去った。
220年正月曹操は病状が深刻になると秘密裡に側近たちを呼んでおいて、 彼が死んだ後墓の盗掘を防止するために埋葬する時 72個のにせ物である墓を作るように指示した。 そして後宮たちには珍しい香を分けてやった後手まめに履き物作る技術をつけて自給自足しなさいという遺言を残した。庚子日に洛陽で病死した。
赤壁大戦以後に形成された魏・蜀・呉三国鼎立の局面は 50余年間持続した。 曹操の息子曹丕は魏国の皇帝になった後に曹操を武帝で追尊した。
 曹操は用兵にすぐれて兵法にも精通したし、人材登用が厳正で賞罰が明らかだった。 曹操の著書では ≪孫子略解≫ ≪兵書接要≫ などがある。 特に彼は ≪孫子略解≫で ≪孫子≫ 13編を整理して最初の注釈を加えることで中国の古代軍事理論を豊かに発展させた。 彼はまた詩文でもすぐれて現在にも20余編の詩と40編ぐらいの散文が伝わっている。

SNS 공유

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

ありません。

検索
전체 55件 4 ページ
Copyright © china7.jp. All rights reserved.