中国旅行知識

高山病の原因と対策

페이지 정보

본문

高山病の原因

日本人が普段暮らして居る地域は標準気圧に近い海抜2000メートル以下の地域で空気の中の酸素含有量は20.95%である。地勢の高まることにつれて、その気圧はしだいに下がり、空気はますます希薄になり空気中の酸素含有量も少なくなるが、人体が必要な酸素量は変わらないのである。
一定の酸素量を保つ為には赤血球の含有量を増やす人体機能があるが、赤血球の含有量を増やすには通常数日の時間が必要である。急に高度を上げると人体の他の部位が適応出来ないので様々な不適応の症状が出ると言われてます。その症状は高度が高い程、時間が短い程強く現れるので、通常高山病と呼ばれてます。


高山病の症状
嘔吐、耳鳴り、頭痛、呼吸困難、食欲不振、発熱、眠気、があり、酷い場合は感覚遅鈍、思考力、記憶力減少、聴覚、、嗅覚、味覚の異常、幻覚などを生じ、ショック、痙攣迄起こす場合がある。

予防対策 

 1、高原に入る前には全面的な健康診断が必要である。普段健康な人は低酸素環境に適応してるが、
心蔵、肺、肝臓、腎臓などは疾病と高血圧の?、中度以上の貧血者は高原地区に入る事を止めるべきである。

2、普段からスポーツ運動などを取り入れて登山などを行い、高度適応能力を高める必要がある。
調査によれば、海抜4200メートルの高原地帯に3日間で上がって行けば高山病の発病率が85%に至るが、10日間で上がって行けば52%迄落ちるので、高度を少しずつ上げて行く事が大事である。

3、海抜4000メートル以上の高原地帯では運動能力が30%程落ちるので、慣れる迄は休憩を増やして運動、仕事などを抑えるべきである。
4、初めて高原地帯に入る時は炭水化合物、多種のビタミンが入った消化され易い食事を取る事。飲酒を禁止して、寝る時の姿勢は成るべく血液循環がよい姿勢を取る。

5、高原地帯は昼と夜の温度差が激しいので保温に注意する事。気候は乾燥していて、粘膜と皮膚の看護を強めて、皮膚が裂けることを防止する。

応急措置
高度を下げる事と酸素吸入量を増やす事が最適です。高山病の症状が現れたら即時に休憩を取り、通風がない場所に移動し、鎮痛剤を服用して痛苦を治めることができる。保温と併発症を防ぐべきであり、

ショックなどの症状が出たら更に高度を下げて近くの病院まで搬送する事である。

관련자료

등록된 댓글이 없습니다.
전체 26건 / 2페이지

+ 공지글


  • 글이 없습니다.

+ 최근글


  • 글이 없습니다.

+ 새댓글


  • 댓글이 없습니다.

통계


  • 현재 접속자 81 명
  • 오늘 방문자 724 명
  • 어제 방문자 830 명
  • 최대 방문자 1,675 명
  • 전체 방문자 51,446 명
  • 오늘 가입자 0 명
  • 어제 가입자 0 명
  • 전체 회원수 8 명
  • 전체 게시물 3,201 개
  • 전체 댓글수 0 개