華北地区

孔子の古里>曲阜

페이지 정보

본문

山東省の曲阜は中国の儒学の創立者、教育家・孔子の古里である。
済南から南に135キロほど離れていて、北には泰山があり、総面積895.93平方キロ、人口は65万人で、その中の20%は孔子の子孫だそうです。
曲阜は、中華民族の先祖―黄帝の出身地で、春秋戦国時代に魯国の都として800年にわたり栄華を誇っていました。魯は周王朝建国の功臣「周公旦」によって建てられ、長く文化の中心として栄えた。
孔廊は歴代の孔子の祭祀行事を行う場所で紀元前478年に建立された世界で最も大きい規模の建築群である。 敷地面積は21万8000㎡。446の部屋と2000に及んだ碑碣がある。

曲阜の孔廊、孔府と孔林は「三孔」と呼ばれ 北京の故宮、河北省承徳の避暑山荘と並んで、中国古代3大建築群の一つである。1994年に「三孔」は、ユネスコより世界文化遺産に指定されました。

관련자료

등록된 댓글이 없습니다.
전체 100건 / 1페이지

+ 공지글


  • 글이 없습니다.

+ 최근글


  • 글이 없습니다.

+ 새댓글


  • 댓글이 없습니다.

통계


  • 현재 접속자 28 명
  • 오늘 방문자 490 명
  • 어제 방문자 830 명
  • 최대 방문자 1,675 명
  • 전체 방문자 51,212 명
  • 오늘 가입자 0 명
  • 어제 가입자 0 명
  • 전체 회원수 8 명
  • 전체 게시물 3,201 개
  • 전체 댓글수 0 개