華北地区

北京市>四合院

페이지 정보

본문


   四合院は中庭を囲んで東西南北に4棟の建物が建てられ、四角形の屋根の各辺が相対している中国の伝統家屋である。 中国伝統の路地である胡同にはこういう四合院らが並んでいる。北側の建物を家長が使い、東西の廂房をその家族が使う。南側の倒座は客間、使用人部屋として使われる。北京四合院の特徴は庭にザクロと漁港があってそのそばに犬一匹があることである。そして沙盒院の門は普通東南側に開いている。 それは良い気勢が東南側から吹くためであると言われる。
    中庭の北側にその家の家長の棟(正房)、東西に子供の棟(廂房)、南側に来客の棟(倒座)を配している。更に、家長の親はこの建物群の後方に存在し、正房脇の細い通路によって中庭と接続される。これらの構成は、求心的で家長或いはその親を中心とした封建的な家族像を想像させる。数百年の発展を通じて,北京の四合院は平面構図から内部構造,建物のデザインに至るまで北京だけの特徴を持つことになった。

관련자료

등록된 댓글이 없습니다.
전체 100건 / 1페이지

+ 공지글


  • 글이 없습니다.

+ 최근글


  • 글이 없습니다.

+ 새댓글


  • 댓글이 없습니다.

통계


  • 현재 접속자 24 명
  • 오늘 방문자 461 명
  • 어제 방문자 830 명
  • 최대 방문자 1,675 명
  • 전체 방문자 51,183 명
  • 오늘 가입자 0 명
  • 어제 가입자 0 명
  • 전체 회원수 8 명
  • 전체 게시물 3,201 개
  • 전체 댓글수 0 개