敦煌と莫高窟 > 西北地区

본문 바로가기

サイト内検索

西北地区

敦煌と莫高窟

ページ情報

no_profile LGI 쪽지보내기 메일보내기 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 08-04-20 20:10 view 3,431回 コメント 0件

本文

敦煌観光の最大ハイライトの莫高窟は敦煌の南東側で25km離れている所の 明砂山と東側の三危山と交差する部分に繰り広げられた約1.8kmに達する絶壁に作られてる。この莫高窟が初めて彫刻され始めたことは東晋時の366年である。 約1,000ヶ余りに達する窟を持っていて千仏洞でも呼ばれる莫高窟は366年以後元の国の時まで約1,000年余りの間引き続き作業がなされてきた。この膨大な量の莫高窟は長い歳月が流れる間、自然崩壊と人間らの無知な破壊によって、現在492ヶの洞窟だけが残ることになった。 この492ヶの洞窟は隋国以前の窟が120ヶ、隋時代の窟が140ヶ、唐時代の窟が111ヶ、五代十国時の窟が7ヶ、そして宋の国と元の国時のことが35ヶある。洞窟中に残った遺物は主に塑像と壁画である。莫高窟に残した芸術作品の内容を見れば初期には民間神話が多かったが、後漢時代に仏教が中国に伝来しながら、その内容も仏教芸術が主をなすことになる。各窟に入っている塑像らは表情と姿勢は見る人々の感心をかもし出すようで、壁に描かれた壁画は見る人の目を仏教美術の派手なことで魅了させる。 その中で蔵経洞と呼ばれる第17窟は宋の国の時までの経典や文書などを保管した所であったが西夏の支配にある時、封鎖されて1900年に発見された。これで莫高窟の全貌があらわれて全世界に知られた契機になった。莫高窟は1987年にユネスコによって世界文化遺産の一つに指定されでる。

SNS 공유

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

ありません。

検索
전체 61件 6 ページ
Copyright © china7.jp. All rights reserved.