• ブックマック
  • オンライン 3
  • FAQ
  • 1:1問い合わせ
  • what's new
  • tags

国際・政治

Total 9건 1 페이지
米国による台湾への武器売却、国防部報道官が談話発表

国防部の黄雪平報道官は30日、米政府による台湾への武器売却について以下の談話を発表した。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。 米政府は1月30日、ヘリコプター「ブラックホーク」、地対空誘導弾「パトリオット(PAC3)」システム、「オスプレー」級機雷掃海艇、「ハープーン」ミサイル、多機能情報通信…

楊外交部長、米国の台湾への武器売却決定を非難

キプロスを公式訪問していた中国の楊潔チ外交部長は30日、アメリカが台湾への武器売却を発表したことを受けて、中国政府の厳正な立場を改めて強調した。 楊部長は、「これまで中国は、アメリカの台湾への武器売却問題についてアメリカ側と交渉し続けてきた。このほど、両国外相のロンドンでの会談で、中国側は厳正な立…

中国、4措置で米国による台湾への武器輸出に抗議

中国国防部、米軍幹部との相互訪問を停止 中国国防部の黄雪平報道官は30日、「予定されていた米軍幹部との相互訪問を停止する」と明らかにした。 黄報道官は「米政府は29日、台湾に対し総額64億ドルの武器輸出を決定し、議会に通告した。これは両国間の三つの共同コミュニケと去年11月に発表した共同声明の原…

国務院台湾事務弁公室が振り返る昨年の両岸関係

国務院台湾事務弁公室の楊毅報道官は13日の定例会見で、昨年の両岸関係の発展を次のように振り返った。中国新聞網が伝えた。 昨年、両岸関係は着実に推し進められ、着実に発展し、大きな成果を収めた。 国共両党と両岸双方は「台湾独立」反対と「1992年の共通認識」の堅持という共通の政治的基盤をさらに強固な…

中国、対台湾兵器輸出の停止を米に強く要求

中国外交部の何亜非副部長は北京で9日、「アメリカの台湾への兵器輸出は中国の国家安全や台湾海峡情勢の平和と安定を損なうことから、中国はこれに断固として反対する」と強調した。 何亜非副部長は、「ブッシュ政権が2008年10月に承認した台湾へのパトリオット・ミサイルの輸出計画を、ロッキード・マーティン社…

ダライ・ラマの台湾訪問は両岸関係に不利な影響

国務院台湾事務弁公室の報道官は30日、ダライ・ラマの台湾訪問について見解を発表した。全文は次の通り。 「台湾の民進党が、長期にわたって祖国分裂活動に従事してきたダライ・ラマの台湾招請を策動したのは他に意図がある。私たちはこれに断固として反対し、この立場は明らで揺るぎない。ダライ・ラマの台湾訪問は必…

国台弁 台湾民進党のダライ・ラマ招請に反対

中国国務院台湾事務弁公室の報道官は27日、台湾民進党の一部の勢力がダライ・ラマの台湾訪問を招請したことについて以下のような立場を示した。 「ダライ・ラマは単純な宗教人物でなく、宗教という名目で国家分裂活動を行っている。私たちはダライ・ラマがいかなる形式や身分で台湾を訪問することにも断固として反対す…

台湾の外交立場について、中国大陸が態度を表明

中国外務省の秦剛報道官は30日北京で、「中国大陸は台湾と『一つの中国』という原則を基礎に外交上の関連問題について話し合いたい」と述べました。 当日開かれた外務省の定例記者会見の席上、ある台湾の記者が、来年、台湾がWHOのオブザーバーになることを希望しているが、中国大陸はどう思うかとの質問をしたのに…

国務院、王毅氏を台湾事務弁公室の主任に

国務院は王毅氏を台湾事務弁公室の主任に任命した。王毅氏は外交部副部長の職務を、陳雲林氏は台湾事務弁公室主任の職務を解かれた。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。   王毅氏は3日午前、中国共産党中央台湾工作弁公室と台湾事務弁公室の主任として海峡両岸関係協会の第2期理事会第1回…

최신글이 없습니다.

アンケート
作成中のサイトは?