国際・政治

国際機関、相次いで今年と来年の中国の経済成長率予想を上方修正

페이지 정보

본문

7月の経済データ発表を前に、国際機関は相次いで中国の経済成長率に関する予想を上方修正している。スタンダードチャータード銀行は、中国の今年と来年の経済成長率予想をそれぞれ8.5%と8.9%に引き上げた。

スタンダードチャータード銀行アジア研究部は、以前の予想で中国の今年と来年の経済成長率はそれぞれ7.4%と8.0%となるとしていた。しかし、上半期に中国経済が安定した回復をし、一部経済指標が堅調な伸びを示したことを受け、同行は今年と来年の中国の経済成長率予想を上方修正した。

スタンダードチャータード銀行アジア部門の関家明シニアエコノミストは、「中国の今年の経済成長率について、私たちは7%を下回る可能性もあると見ていた。しかし、第2四半期のデータ発表で成長率の伸びの加速が明確となり、中国の今年の経済成長率は8.5%、来年は9%近くとなり、向こう1年半は上昇傾向が保たれる見通しである」と、これまでの予想を上方修正した。

スタンダードチャータード銀行は、中国の輸出は短期での大幅な回復は期待できないが、輸入の回復は比較的速く、国内の消費も明らかな増加が見込め、内需によるけん引で中国経済の回復傾向はより鮮明になるという見方を示している。

最近、多くの国際機関が相次いで今年の中国の経済成長率に関する予想を上方修正している。世界銀行は今年の中国の経済成長率を6.5%から7.2%に上方修正した。JPモルガン・チェースは7.2%から7.8%に上方修正し、先般再び8.4%まで引き上げると同時に、来年の経済成長率予想を8.5%から9.0%に引き上げた。JPモルガン・チェースは、中国の拡張型政策はすでに大きな成果を挙げており、今後のさらなる経済構造の調整と消費の拡大が、世界の経済成長を推進する重要な要因になると見ている。一方で、中国の民間投資は依然不足しており、中小企業の発展力が乏しく、産業構造が不合理であるなどの試練に直面していると指摘する。

また、関家明シニアエコノミストは、「中国経済が回復軌道に乗っていることは間違いないが、現在問題となっているのは量ではなく、質である。つまり、どのような経済回復になるかが問題である」と指摘する。さらに、景気対策の規模が大きすぎることでなく、資金投下がアンバランスであることが主な問題であるとしている。

「チャイナネット」 2009年8月7日

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

+ 공지글


  • 글이 없습니다.

+ 최근글


  • 글이 없습니다.

+ 새댓글


  • 댓글이 없습니다.

통계


  • 현재 접속자 61 명
  • 오늘 방문자 704 명
  • 어제 방문자 811 명
  • 최대 방문자 1,675 명
  • 전체 방문자 48,152 명
  • 오늘 가입자 0 명
  • 어제 가입자 0 명
  • 전체 회원수 8 명
  • 전체 게시물 3,201 개
  • 전체 댓글수 0 개