胡錦涛総書記がHIV感染者に5000元寄付 > 国際・政治

本文へ
サイト内検索

国際・政治

胡錦涛総書記がHIV感染者に5000元寄付

페이지 정보

작성자 no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 2,265회 작성일 09-12-02 11:45

본문

エイズ予防・治療ボランティア活動に参加する胡総書記
胡錦涛・中共中央総書記(国家主席、中央軍事委員会主席)はエイズ予防・治療事業を非常に重視し、過去3回、世界エイズデーに北京市内の医療衛生機関や居住区を視察に訪れている。第22回世界エイズデーを翌日に控えた11月30日午前、胡総書記は李克強・中共中央政治局常務委員(副総理)とともに国家会議センターを訪れ、エイズ予防・治療ボランティア活動に参加した。

 胡総書記は「エイズは全人類共通の敵であり、エイズの予防・治療は全人類共通の責任だ。国際社会と交流・協力を強化し、エイズという世界的な試練に共同で対処し、エイズ予防・治療事業の効果的な推進に積極的に努めていきたい」と述べた。

 胡総書記は1年前に地壇病院で会ったHIV感染者の鄭さんと、テレビ電話を通じて再び対面した。鄭さんは昨年、無料の母子感染予防薬を服用することで、健康な女児を出産した。鄭さんの状況を聞いた胡総書記は自らの給与から5000元を寄付し、生きる勇気を強く持つよう鄭さんを励ました。

 「人民網日本語版」2009年12月1日
  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 246건 1 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
694
어제
753
최대
971
전체
122,475


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.