グーグルの中国撤退の可能性に外交部が態度表明 > 国際・政治

본문 바로가기

サイト内検索

国際・政治

グーグルの中国撤退の可能性に外交部が態度表明

ページ情報

no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 10-01-15 16:34 view 3,351回 コメント 0件

本文

グーグルは現在、中国でのビジネス運営の実現可能性を検討しており、中国市場から完全撤退する可能性もあるという考えを示した。グーグルは中国大陸部からひどいハッカー攻撃を受けたという噂もあり、この情報についてグーグル中国は沈黙を保っている。

これについて中国外交部の姜瑜報道官は14日に「中国のインターネットはオープンで、中国政府はインターネットの発展や、インターネットの健全な発展のために良好な環境作りを奨励している。中国の法律はいかなる形のハッカー攻撃も禁止しており、他の国と同様に法律に基づいてインターネットを管理し、関連の管理措置は世界で通用しているやり方と一致する。中国は世界のインターネット企業が中国で法律に基づいて業務を展開することを歓迎する」と述べた。

メディアの報道によると、グーグルは公式サイトで「中国で運営するグーグル中国(Google.cn)を閉じることを考えている」と発表し、13日午後にグーグル中国は「今この決定を検討しており、解決の方策を見つけたい」としている。

「チャイナネット」 2010年1月15日

SNS 공유

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

ありません。

Copyright © china7.jp. All rights reserved.