2009年中国経済10大予測(1) > 経済・産業

本文へ
サイト内検索

経済・産業


2009年中国経済10大予測(1)

페이지 정보

작성자 no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 2,243회 작성일 09-01-23 13:50

본문

1.金融政策の目標は成長維持、デフレ防止、リスク抑制

中国は今年も急速な経済成長を維持し、金融の安定運営を行いたいが、直面する困難は多い。しかし、インフレ圧力は明らかに昨年よりも低下しており、デフレの可能性すらある。こうしたなか、経済成長の急激な減速と金融リスクの高まりが、金融コントロールの主要な問題となりつつあることから、金融政策の目標を「成長維持、インフレ抑制」から「成長維持、デフレ防止、リスク抑制」に転換することになりそうだ。今年のマネーサプライM2伸び率は前年比14%前後となり、これにより人民元建て融資は通年で3兆8000億元前後に達する見通し。また、中国人民銀行(中央銀行)が引き続き3、4回にわたり、1回あたり0.27ポイントの下げ幅で金利引下げを行うことから、中国は「超低金利時代」を迎える。預金準備率も数回引き下げられ、下げ幅が合計で4、5ポイントに達するほか、人民元の対ドル為替レートの上昇ペースが著しく減速し、対ドル変動幅が上下1%以内で推移すると見られる。


国際原油価格は、大きな影響を及ぼす地政学リスクと切り離すことができないが、全体的には歴史的な高値から下落し、ニューヨークマーカンタイル取引所の原油先物取引商品であるウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)は、1バレルあたり60~80ドル前後で新たな均衡価格が成立するだろう。

2.新均衡点を模索する原油価格、見通し不透明の穀物価格

米国の金融危機が次第に世界に拡散し、相次いで実体経済に打撃を与えていることから、今年の世界経済は大きく低迷すると見られる。こうしたなか、石油需要の伸びは著しく落ち込んでおり、数年間続いた世界の石油需給のアンバランスな状態は緩和されそうだが、石油輸出国機構(OPEC)は大幅な原油価格の下落を食い止めるために、生産制限による価格維持政策を打ち出す方針だ。また、金融危機が深刻さを増すなか、金融改革は進展せず、世界的な流動性収縮が起こり、商品先物取引市場に対する監督が強化されている。特に、100年1度といわれるウォール街の金融危機により、投資家の将来の金融および経済に対する期待に根本的な変化が起こり、投機的な動きは影響力を弱めることになりそうだ。国際原油価格は、大きな影響を及ぼす地政学リスクと切り離すことができないが、全体的には歴史的な高値から下落し、ニューヨークマーカンタイル取引所の原油先物取引商品であるウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)は、1バレルあたり60~80ドル前後で新たな均衡価格が成立するだろう。一方、穀物価格は今年上半期、低迷が続き、下半期も多くの不確定要素が内在しているため見通しは不透明といえる。

「チャイナネット」2009年1月22日

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 39건 2 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
849
어제
1,933
최대
2,961
전체
429,710


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.