2009年中国経済10大予測(3) > 経済・産業

本文へ
サイト内検索

経済・産業


2009年中国経済10大予測(3)

페이지 정보

작성자 no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 2,499회 작성일 09-01-27 14:13

본문

5.財政収支、昨年を下回り伸びは鈍化
昨年の財政収入は、経済成長の鈍化や政策実施による減収といった影響を受けたため、上半期に高い伸びを示していたが、下半期に入ると伸びは鈍化した。一方、財政支出は過去最高の伸びを記録し、農業、社会保障、公共衛生など経済・社会で発展が遅れている分野、被災地域とその地域住民、科学技術・技術革新および、経済発展方式転換に関する支出が拡大した。今年は、国内外の多くのマイナス影響をもたらす問題に対応し、経済の安定的かつ比較的速い発展を維持するため、積極的な財政政策の実施が必要となる。政府は内需拡大を目的とした財政政策の効果を十分発揮させ、経済成長の維持に努め、構造調整の促進、発展方式の転換、国民生活の改善・保障、調和のとれた社会の建設を推進していく。こうしたなか、今年の財政収入が近年の高い伸びを維持することは困難で、伸び率は昨年を大きく下回りそうだ。政府が積極的な財政政策を実施し、資金投入を増加させても、財政収入の伸び率が鈍化することから、財政支出は昨年の伸び率を下回ると見られる。

6.物価は低水準で推移、デフレ圧力に直面

中国では、消費者物価指数(CPI)と生産者物価指数(PPI)は今年、低水準を維持し、CPIの通年の伸び率が1%前後、PPIはマイナスとなり、今年上半期、特に2月以降、CPIの伸び率がマイナスに転じる可能性もある。

消費者物価指数(CPI)と生産者物価指数(PPI)は今年、低水準を維持し、CPIの通年の伸び率が1%前後、PPIはマイナスとなり、今年上半期、特に2月以降、CPIの伸び率がマイナスに転じる可能性もある。

価格の前年比伸び率はテールレイジング要素と新価格押し上げ要素に分けられる。このうち、テールレイジング要素は前年の数値の変化により表される。1998年~2007年の10年間、各12月のCPI環比変化率の平均値は0.5%で、これに基づき計算すると、今年のテールレイジング要素は、1月と11月がプラス、2月~10月はいずれもマイナスとなる。

PPI環比変化率に関するデータがないため、今年のPPI前年比変化率のテールレイジング要素を推算することはできない。しかし、昨年8月前後に見られたPPIの大幅な変動が、今年の各月の前年比伸び率に大きな影響を与えると考えられる。昨年1月~8月、PPIが急速な伸びを示したことから、今年1月~8月の前年比伸び率は昨年同月の高数値の影響を受け、低水準を維持していくが、マイナスの伸びとなる可能性も高いといえる。

「チャイナネット」2009年1月24日

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 39건 2 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
1,571
어제
1,933
최대
2,961
전체
430,432


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.