2009年中国経済10大予測(4) > 経済・産業

本文へ
サイト内検索

経済・産業


2009年中国経済10大予測(4)

페이지 정보

작성자 no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 2,270회 작성일 09-01-30 22:49

본문

7.引き続き伸びる消費ニーズ、経済成長への貢献度大きく

社会消費財小売総額の伸び率は18%前後で、価格要因を考慮した実質伸び率は15%以上に達する。消費市場が活発さを維持するなかで、消費の実質伸び率の経済成長に対する貢献度は高まりそうだ。

今年、政府が打ち出す消費刺激策はより細分化・明確化されるが、市場は良好な発展を続け、消費市場は引き続き速いペースで発展していく。CPIの下落幅が大きいため、社会消費財小売総額の名目伸び率は昨年よりも大幅に鈍化するが、価格要因を考慮した実質伸び率は、基本的にこの数年間の平均的な水準を維持していくだろう。輸出の伸び率がマイナスとなる可能性もあるため、国内消費が需要増加で主導的な役割を果たし、経済成長をより力強く牽引していくことになる。

都市および農村住民の収入増加、雇用情勢、価格変動および、消費政策調整などの要素を総合的に勘案すると、今年の社会消費財小売総額の伸び率は18%前後、価格要因を考慮した実質伸び率は15%以上となる見通し。また、消費市場は活発さを維持し、消費の実質的な伸びは経済成長に大きく貢献すると見られる。

8.対外貿易、多くの問題に直面

中国の貿易輸出入総額は今年、比較的長期にわたって、前年同月比で大幅に減となり、ドル換算の場合、昨年より20%前後の減少と大幅に落ち込むことになりそうだ。このうち、輸入総額は年平均で25%前後、輸出総額は17%前後の減少となると見られる。

中国の輸出は今年、様々なマイナス要素の複合的な影響を受けることから、伸び率が縮小するのは避けられない。中国の輸出は実質(数量)ベースで落ち込み、減少幅は5%前後となる。需要の低下、エネルギー・原材料価格の大幅な下落、輸出税金還付率の引き上げ、および人民元為替レートの変動などの複合的影響により、中国の輸出製品の平均価格は10%ほど低下しそうだ。

また、貿易を取り巻く環境が継続的に改善すれば、貿易輸出入総額が過去最大の大幅な落ち込みとなっても、貿易黒字額は高水準を維持し、年間貿易黒字額は約3300億ドルに達し、昨年の約3000億ドルを上回ることになるだろう。

「チャイナネット」2009年1月27日

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 39건 2 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
768
어제
845
최대
1,120
전체
291,954


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.