中国に6大経済圏を形成、地域経済が活性化 > 経済・産業

본문 바로가기

サイト内検索

経済・産業

中国に6大経済圏を形成、地域経済が活性化

ページ情報

no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 09-03-16 13:59 view 2,717回 コメント 0件

本文

「両大会」で、海峡西岸経済区、北部湾経済区、成渝経済区、黄河デルタ経済区など地域の発展に関するテーマが代表委員の間で話題となった。

3月6日、全国人民代表大会常務委員会の呉邦国委員長が重慶代表団の政府活動報告の審議に参加した際、全人代代表、重慶市の黄奇帆・常務副市長は「西三角経済圏」の概念を打ち出した。その内容は主に重慶経済圏、成都経済圏、西安を中心とした関中都市ベルト、大西南、大西北が連携し中国の第4成長ゾーンを構築するというものだ。

全国政治協商会議の劉慕仁委員は、広西北部湾経済区の建設推進は産業建設には欠かせず、産業リンケージが急速に形成するプロジェクトを全力で推進すれば、産業郡は形成できると述べている。



全人代の福建省代表は、「温総理の政府活動報告で3度『海峡西岸と台湾系企業投資の集まる地域の経済発展をサポートする』というのは、中央が両岸の経済貿易の提携や海峡西岸経済区の建設と発展に重視していることを意味する」と述べた。

全人代代表、山東省東営市の張建華市長は、「珠江デルタ、長江デルタの発展には多くの人が注目し、黄河デルタの開発・建設も幕を開けた」と述べた。

中国の現代化建設の「点」から「面」への発展と向上に伴い、長江デルタ、珠江デルタ、北京・天津・華北などから西部大開発、中部台頭、東北旧工業基地の振興などにおいて、東・中・西・東北など各経済地域の発展に活性化の兆しが現れている。

中央の意向ははっきりしており、国務院の温家宝総理が政府活動報告で提案した地域経済の発展に力を入れるという事項は多くの業界関係者の注目を集めた。彼らは、これは成長維持に必要であり、中国の地域経済の競争力を高める上でも必要であると見ている。

「チャイナネット」2009年3月16日

SNS 공유

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

ありません。

検索
전체 374件 19 ページ
Copyright © china7.jp. All rights reserved.