米国、中国の援助受け入れの代償 > 経済・産業

본문 바로가기

サイト内検索

経済・産業

米国、中国の援助受け入れの代償

ページ情報

no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 09-04-10 14:38 view 1,768回 コメント 0件

本文

米『ニューヨーク・デイリーニューズ』は、「金融援助の真の代償」という文章を掲載した。

AIGなど金融機関の、米国を金融危機に陥れた大富豪を援助するため、高額の税金を支払わなければならないとなったら、あなたは怒るか?一生必死に働いたお金で不動産投機家の後始末をしなければならないことを知ったとき、あなたは激怒するか?今ここで中国農民のこのような気持ちを考えてみよう。どうして中国農民なのか?それは彼らが米国の人を援助しようとしているからだ。

米国の1人当たり平均年収は4万8000ドルで、経済問題を引き起こした人はこれをはるかに上回る額を稼いでいる。しかし米国には山のような債務があり、わずかな預金すらない。財政赤字補填ばかりでなく、米国の今年1年の借金は1兆3000万ドルという驚異的な数字となる。中国の1人当たり平均年収は2100ドル、貯蓄率は35%。これは、平均収入4万8000ドルの米国の人にお金を貸すため、年収2100ドルの中国の人々は倹約の日々を過ごしていることを意味する。以前、このように貧しい人が裕福な人を援助するということがあっただろうか?米国が中国に対してするように、他国からこれほどの大金を借りるということはどの国もしていない。

なぜシティグループ、AIG、ゼネラル・モーターズなどを援助するか、それは規模があまりにも巨大であるために破産してはならないからである。その他の国が米国を援助することについても同様の理由が存在する。オペックは米国に石油を販売する必要があり、中国は米国に輸出製品を販売する必要がある。米国の消費者は世界を支えており、世界は米国の消費者を支えねばならない。中国はお金があり、米国はお金を必要としている。

しかし、これはその他の国の人が怒りを表さないことを意味しているわけではない。多くの中国の人にとっては、米国の金融システムは狂乱したAIGの複製品である。彼らは、利息がほとんどないばかりでなく、貨幣価値の変動で価値が下がることもある米国債に、なぜ必死に稼いだお金を投資しなければいけないのか理解できないでいる。

中国はずっと事を慎重に進めているが、中国が自らのレバレッジを利用し始めていることを示す形跡がある。米国経済が急激に衰退しても、中国の経済は巨大な経済刺激計画の推進の下で回復でき、より大きな政治・経済の影響力を獲得する。

重要なのは米ドルの基軸通貨としての地位である。中国などの国は、米国が責任を負わない支出や管理措置の不足により、米ドルは基軸通貨としての地位を継続する権利を失ったと考えている。現時点でより良好な選択肢はないが、時間が経つにつれ、新たな基軸通貨或いは地域的な通貨が誕生する可能性は大いにある。それは米ドルの長期にわたる衰退が開始したことを意味し、新興市場での投資成績は米国への投資と比較しはるかに良好と言える。長期証券はリスクに直面し、米国は相当な規模の政治影響力を喪失するだろう。

「チャイナネット」2009年4月10日

SNS 공유

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

ありません。

検索
전체 374件 18 ページ
Copyright © china7.jp. All rights reserved.