世界経済 ロンドン・ニューヨーク・上海の「天下三分」 > 経済・産業

본문 바로가기

サイト内検索

経済・産業

世界経済 ロンドン・ニューヨーク・上海の「天下三分」

ページ情報

no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 09-05-17 12:28 view 2,396回 コメント 0件

本文

上海陸家嘴金融貿易区

 

香港『文匯報』は、全世界を取り巻いた金融危機が世界の各金融センターを苦難に陥れたと報じた。すでに率先して景気回復を見せている中国は、新国際金融秩序の確立を強く望んでいることを何度も表明している。

多くのエコノミストは、世界金融センターの構図は今回の危機後に大きく変化し、金融危機が中国にもたらした優位性により、中国の国際金融センターは急速に台頭すると考えている。経済学者の呉暁求氏は、「ニューヨーク、上海、ロンドンは新世界の3大国際金融センターとなる」と予測する。この挑戦の困難がどうであるかはさておき、上海は疑いもなく中国政府の支持の下で国際金融センターを建設する第一歩を踏み出している。

中国国務院の王岐山副総理は英『フィナンシャル・タイムズ』に掲載した文章で、次のように指摘した。「全世界は新国際金融秩序を構築し、国際通貨システムのバランスの取れた多元化を共同で提唱、推進し、国際通貨システムの安定を維持、サポートし、そして国際金融組織改革を推進し、発展途上国の代表性と発言権を高めるべきだ」。中国人民銀行の周小川総裁はG20サミットの際、新興経済体の代表として、中国は新国際金融秩序の再構築に積極的に参与すると述べた。

業界では、中国の「国際金融センター」がどのように台頭するかに焦点が集まっている。清華大学ブルッキングス研究センターの肖耿主任は、世界金融危機が西側諸国の金融市場に大打撃を与え、多くの人材を失い、機関は資金不足に陥り、これは中国に貴重な発展のチャンスをもたらしたと考えている。中国はこのチャンスをものにし、市場環境をいち早く改善し、上海の国際金融センター建設を迅速に進めるべきである。

中国人民大学の金融・証券研究所の呉暁求所長は、「世界金融センターの構図は今回の危機後に大きく変化する。ニューヨーク、上海、ロンドンは新世紀の3大国際金融センターとなり、各々が各々の職責を果たし、中国はすでに新世紀の国際金融センターとなる条件を持ちあわせている」と述べる。もし、中国は新世紀の金融センターになれず、中国の金融台頭は実現が難しいと言うのであれば、中国経済の持続的発展の達成はやはり難航するだろう。中国が経済大国から経済強国への変化を遂げるには、金融台頭は必要不可欠となる。

HSBCの翁富澤中国総裁は、「しかも中国は他のどの大型経済体よりも速く経済後退の中で回復してきており、中国と上海は金融センターの重要な存在として昇格する可能性が高い」と述べる。

当然、中国は金融危機から優位性を得られるだけでなく、上海をモデルチェンジさせるには香港やシンガポール、ひいてはニューヨークやロンドンの金融センターと肩を並べる必要があり、その道は非常に長いものである。ボアオ・アジア・フォーラムの龍永図秘書長は、世界経済の発展の中心は先進国から発展途上国に移行し、これは大きな動きだが短期内の移行を期待してはいけないと考える。

米国を中心とした米ドル基軸通貨と金融体系は短期間では変えられず、先進国が持っている技術・特許や資本財における絶対的優位性も短期間で変えられるものではない。そのため、中国は長期にわたって努力する構えが必要である。

「チャイナネット」2009年5月15日

SNS 공유

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

ありません。

検索
전체 374件 16 ページ
Copyright © china7.jp. All rights reserved.