米『TIME』:中国は電動自転車の最大の市場に > 経済・産業

본문 바로가기

サイト内検索

経済・産業

米『TIME』:中国は電動自転車の最大の市場に

ページ情報

no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 09-06-18 14:33 view 3,664回 コメント 0件

本文

米紙『TIME』に掲載された文章。原題:中国の街にあふれる電動自転車

過去30年間に変化した中国のすべての事柄の中で、交通は最も著しい変革を遂げた。過去、街には自転車があふれていたが、今では自動車が途切れることなく走っている。自動車が交差点を塞ぎ、渋滞が起きている。自動車の排気ガスで大気は汚染され、耳障りなクラクションが鳴り響いている。しかし、別の交通革命が今まさにこの渋滞をすり抜けようとしている。それは燃料を燃やさず、排気ガスを出さないもので、かつ静かで歩行者たちを驚かせることもある電動自転車である。

中国では、電動自転車が自動車の地位を脅かしている。昨年、中国が買い付けた電動自転車は2100万台で、自動車の買い付け台数は940万台だった。中国では2500万台の自動車が走っているが、電動自転車の数はその4倍に上る。政府の奨励と「自転車通勤族」のおかげで、中国はこのような安価で地球に優しい乗り物の世界最大市場となり、自動車の増加による悪影響を帳消しにしている。実際、世界のエンジニアが環境保護のハイブリッドカーの研究開発に勤しむ中、中国はすでに先駆者となっている。ゼネラル・モーターズのエンジニアであるフランク・ジェムソン氏は、「中国で今起きていることは未来の何らかの糸口だ」と話す。

電動自転車が繁栄したのは中国の政策の功績が非常に大きい。政府は1991年、電動自転車の研究開発を正式に技術目標とした。中国の大都市には広い自転車用の道路があり、ピーク時でも混み合う車を避けて走ることができる。上海のような都市においては、当地政府がここ数年でガソリンオートバイの免許の費用を大幅に引き上げており、これらの消費者は電動自転車に移っている。

電動自転車は製造が比較的簡単であるため、中国では多くの電動自転車の会社が設立された。2006年、中国で営業許可を持つ電動自転車メーカーは2700社に達し、その他にも数え切れないほどの小型店舗がある。

昨年、中国は全世界2300万台の電動自転車のうちの90%を買い付けた。専門家はこう述べる。次に電動自転車を大量に買い付けるのは東南アジア地区である。ここではガソリンオートバイが非常に流行している。また、インドもそうである。インドで国民所得が増加したことは、交通需要が数百万台規模に達することを意味している。日本ではここ数年、毎年の販売台数が30万台前後に安定している。自転車が交通手段でなくスポーツの用途とされている米国では、今年の電動自転車の販売台数は20万台を突破する見込みで、これは中国の販売台数の1%である。(作者:オースティン・ラムゼイ)

「チャイナネット」 2009年6月17日

SNS 공유

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

ありません。

検索
전체 374件 13 ページ
Copyright © china7.jp. All rights reserved.