中国株式市場が3年後に世界最大に > 経済・産業

본문 바로가기

サイト内検索

経済・産業

中国株式市場が3年後に世界最大に

ページ情報

no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 09-07-21 12:41 view 2,858回 コメント 0件

本文

瀋陽の証券営業部で株式市場の動向を見守る投資家たち

米『ブルームバーグ』が7月18日に掲載した文章。原題:モビウス氏「中国株式市場の時価総額は3年後に米国を追い抜く」

マーク・モビウス氏は、「中国の国有企業の新株発行と14億人の人口がさらに多くの資金を株式市場に投資することにより、中国の株式市場の時価総額は3年後に米国を抜き、世界最大となる」と述べている。

モビウス氏は、テンプルトン・アセット・マネジメントの会長を務め、約250億ドルの新興国資産を保有している。「中国人は自らの財産を株式に投資しており、彼らは株式投資をしてもうずいぶん経つ。中国の国有会社はより大規模なIPO(新規株式公開)を進めている」と、モビウス氏は話す。

米『ブルームバーグ』のデータによると、現在の中国株式市場の時価総額は3兆2000億ドル、米国は11兆2000億ドル。米国株式市場のS&P総合500種指数は2009年に入り4.1ポイント上昇し、中国は4兆元の景気刺激案により上海総合指数は75%上昇している。

中国では先月、昨年9月以降初めてとなるIPO発行が承認され、9カ月に及ぶIPO停止にけりをつけた。「桂林三金薬業公司」と「浙江万馬電電纜股莉ス有限公司」は今年初の上場会社となった。両社の株式は今月に取引を開始して以来、すでにそれぞれ64%と139%上昇している。

モビウス氏は、「中国のA株市場は過大評価されているものの、収益率の上昇に伴い、A株市場は引き続き上昇する。また、景気刺激案が消費をけん引し、中国の今年の国内総生産(GDP)成長率は8%に達するだろう」と話す。

メリルリンチの元チーフエコノミストであるドナルド・ストラスハイム氏は、「中国の株式市場が米国を追い抜くことは可能だ。しかし、中国株式市場と米国株式市場の違いを皆わかっているはずだ。中国の国有会社は上海証券取引所を支配しており、米国の株式市場は私会社の参与により構成されている」と述べる。

今回の金融危機は金融と株式に影響し、米国株式市場の時価総額は2007年7月41ポイント急落、19兆1000億ドルの最高点から急激に下がった。

「チャイナネット」 2009年7月21日

SNS 공유

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

ありません。

検索
전체 374件 12 ページ
Copyright © china7.jp. All rights reserved.