新中国60年の自動車産業発展の成果 > 経済・産業

본문 바로가기

サイト内検索

経済・産業

新中国60年の自動車産業発展の成果

ページ情報

no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 09-08-28 23:40 view 4,352回 コメント 0件

本文

中国の60年の経済発展史を振り返ると、自動車産業は目覚しい発展を遂げたといえる。国の政策にリード・支持され、企業の自力更生を図り、困難に耐えて奮闘する中、中国の自動車産業は体制を徐々に整え、国民経済の基幹産業となった。また、国民経済の良好かつ急速な発展にも大きな役割を果たした。

中国自動車産業の発展の成果は以下の通り。

1.産業規模が絶えず拡大

新中国成立から現在まで、中国の自動車産業は長年の発展を経て、産業規模を徐々に拡大してきた。まず一汽の小規模生産が始まり、その後、大量生産を実現、国から資金を工面し二汽を設立、経済のグローバル化が席巻する中で合資経営の動きがあり、中国の自動車産業は栄えていった。生産台数と販売台数も急速に増加し、2002年の中国の自動車販売台数は340万台に達し、前年同期比で42%増加した。2006年の生産・販売台数は720万台を突破し、世界第3位の自動車市場となり飛躍的な進歩を遂げた。

2.産業構造が絶えず改善

自動車業の産業構造はおおよそトラック、バス、乗用車の天下三分となっている。以前はトラックとバスが首位を占めていた。現在の自動車業界においては乗用車が急速な発展を遂げ、生産台数が増加し業界全体を引っ張るだけでなく、技術進歩も加速化し、ニューモデルが次々と発売されている。1957年8月、「紅旗」の高級乗用車が初めてデザイン、試作に成功。12月、洪都機械工場で「東風」の乗用車が試作され、1983年4月11日、「上海サンタナ」の乗用車が初めて上海で組立に成功した。一汽は技術革新とブランド革新をリードし、優れたブランドを次々に立ち上げた。1989年8月、一汽は新たに組立ラインを建設し「アウディ」を生産。1991年12月5日、一汽大衆が生産する「ジェッタ」がラインオフ。1998年9月27日、注目を集める民族ブランド高級乗用車「大紅旗」が登場。乗用車の台頭は、過去のトラックとバスが天下統一していた局面を変え、産業構造は改善された。

3.生産集中度が絶えず向上

中国の自動車産業は、産業集中を強みにしていった。中国には現在、第一汽車集団、東風汽車集団、上海汽車工業総公司など総資産が200億元を超える大型企業グループが3社ある。2001年の資料によると、最大手の上海汽車工業総公司の生産台数は44万200台、上海汽車、第一汽車、東風汽車の生産集中度は48.1%で、2000年より3.35ポイント上昇した。生産台数が20万台以上の4社(上汽、一汽、東風、長安)の生産集中度は57.76%で、2000年より3.19ポイント上昇した。

4.市場構造が絶えず改善

まず製品構造が絶えず改善され、自動車産業の製品シリーズが幅を広げ増加し、製品品種が多様化した。その次に、競争環境が改善された。新中国が成立した当時は主に国が支配しており、国営モデルしかなかった。その後、自動車メーカーに一定割合の販売権を認めるなど、国は権力を徐々に委譲するようになったが、国営企業は依然として優位に立っていた。しかし、経済のグローバル化が進むにつれ、競争が激化していった。民間企業を代表とする新企業の進出により自動車産業の競争局面が変化し、国営企業が天下統一する構図が崩れる一方、国産自動車と輸入自動車の競争は白熱化した。競争の激化により一部の企業の利益は減ったが、国内企業の潜在力を大いにかき立て、国内企業の技術改良を奨励し、経営管理が改善され、生産率が高まり、最終的に国内企業の国際競争力を高めることができ、国内企業の海外進出にしっかりした基礎を築いた。

5.技術が絶えず革新

中国自動車業界は大量生産の実現に努めると同時に、技術の革新と進歩に力を入れた。中国自動車産業の技術進歩は主に中国企業の自力更生にかかっている。1971年12月、一汽は60トン級鉱山用ダンプトラックの試作に成功した。1995年5月26日、中国初となる完成車の正面衝突試験に成功。1996年4月17日、清華大学自動車実験室は国内初となる自動車側面衝突テストを実施。そのほか、中国自動車産業の技術革新により、中国の対外開放政策も実現した。中国の自動車企業は国外の先進技術を次々に取り入れるようになった。1987年7月、一汽は小型エンジンを導入することで、米クライスラーと人民大会堂で調印式を行った。1993年6月12日、国際銀行団は一汽大衆有限公司に4億2000万元を融資し、世界先進レベルのプレス、溶接、塗装設備とエンジン生産ラインなどを同社に導入した。1993年8月3日、一汽集団の第2エンジン工場が竣工。同プロジェクトの総投資額は3億3000万元、米クライスラーの80年代の国際先進レベルの製品や製造技術、関連設備を導入して建設された。

「チャイナネット」 2009年8月28日

SNS 공유

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

ありません。

検索
전체 374件 10 ページ
Copyright © china7.jp. All rights reserved.