中国、第4四半期のGDPが約10%に > 経済・産業

本文へ
サイト内検索

経済・産業


中国、第4四半期のGDPが約10%に

페이지 정보

작성자 no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 2,485회 작성일 09-09-17 00:30

본문

中国のGDP成長率

1953年から2008年までの中国のGDP成長率の動き
HSBC(中国)が15日に発表したマクロ経済レポートで、現在の根強い景気回復傾向を踏まえ、第4四半期の中国のGDP成長率は10%近くの水準に達するとの見通しが出された。

HSBC(中国)の屈宏斌首席エコノミストは、中国の8月の新規貸付規模は縮小したが、これが実体経済の回復に影響することはないと見ている。中国の銀行の1~8月までの新規貸付額はすでに8兆元を上回り、現在までの貸付伸び率は34%となり、今年の年間GDP成長率を8%に維持するには十分だとしている。

今年1~8月の中国の都市部固定資産投資は前年同期比で33%増となり、物価要因を除いた都市部固定資産投資の実質伸び率は8月に41%に達し、7月を3ポイント上回った。

民間投資の伸び率は依然として国有企業部門の投資伸び率を下回るが、両者の開きは縮小しつつあり、民間投資が加速傾向にあることが伺える。民間投資を反映する代表的な指標として、不動産投資の伸び率は7月の19.6%から8月には34.6%に大幅上昇し、昨年6月以来の最高を更新した。

そのほか、鉄鋼や自動車製造など重工業の持続的回復のけん引により、8月の中国の工業増加額の伸び率は12%に達し、1年ぶりの高水準に達した。社会消費財小売総額の伸び率も安定した上昇を維持し、物価要因を除いた8月の実質伸び率は17%に達し、1994年以来の最高水準に迫っている。

中国のCPIは今後数カ月でマイナス成長からプラス成長に転換し、PPIもまもなく底を打つと屈宏斌氏は予想する。

上述の分析に基づいて、屈宏斌氏は中国のGDP成長率が第4四半期に10%近くになる可能性があると見込んでいる。しかし同時に、外需が回復するまで、輸出は今後一時期の中国において依然として最大の不確定要因となるとも指摘する。

「チャイナネット」 2009年9月16日

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 374건 9 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
1,491
어제
1,619
최대
1,619
전체
395,490


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.