チベット高原で原油350億㌧相当の可燃氷を発見 > 経済・産業

본문 바로가기

サイト内検索

経済・産業

チベット高原で原油350億㌧相当の可燃氷を発見

ページ情報

no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 09-09-26 00:55 view 2,654回 コメント 0件

本文

可燃氷隸暮ェ決苟謗O号孔木里髟㈹V霑梹R南麓工程技譛ッ人蜻頀

中国の国土資源部の総工程師である張洪涛さんは今月25日北京で中国地質部門がチベット高原で可燃氷(天然ガスと水の化合物)を発見し、10年以内に使用し始めることができると予想した。

当日の記者会見の上で、張洪涛さんは今回の発見は中国初の陸域で可燃氷を発見した事になり、カナダ、米国に続く、3番目で陸域で可燃氷を発見した国になる。彼は初歩的な推算によるとチベット高原の可燃氷の埋蔵量は原油350億㌧に相当すると予測した。

可燃氷はは水と天然ガスの高圧、低温の条件の下で混合されて出来た1種の固体状態の物質で、外観は氷と固体アルコールに似てるが、大量のメタンを含有して1立方メートルの可燃氷は常温で164立方メートルの天然ガスと0.8立方メートルの淡水を釈放する。

全世界で探査済みの埋蔵量は伝統の化石エネルギーの埋蔵量の二倍以上に達する。可燃氷は燃焼してもほとんど有害な汚染物質を発生させないクリーンエネルギーであり、21世紀に最も価値がある戦略資源として注目を集めている。

       情報元:チャイナセブン

SNS 공유

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

ありません。

検索
전체 374件 9 ページ
Copyright © china7.jp. All rights reserved.