日系企業らは排他的企業文化によって中国で苦戦? > 経済・産業

本文へ
サイト内検索

経済・産業


日系企業らは排他的企業文化によって中国で苦戦?

페이지 정보

작성자 no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 3,724회 작성일 09-10-01 21:28

본문

中国に進出した日本企業らが排他的な企業文化によって米国とヨーロッパなど西欧企業より、企業現地化が遅れていることが明らかになった。
中国新聞社は29日世界的なコンサルティング会社のMcKinsey社の最新報告書を引用して、日本企業が現地人材発掘と奨励制度が不備な企業文化によって中国市場で苦戦していると報道した。

報告書では多くの日本企業らが排他的な企業文化で中国職員を奨励して昇進させられずにいたし、自国市場の経営システムをそのまま借用して中国現地会社でも中国語ではない日本語を使っていると指摘した。

その反面ヨーロッパ系の企業らは人材と業務の現地化を通じて企業発展を推進したし、米国プロクトエンゲムブル(Procter&Gamble)グループはこういう戦略を通じて中国で成功を収めていると説明した。

報告書によれば中国消費者市場で24個の有望な外国企業中に日本企業はただトヨタ、シャープ、資生堂、サントリー等四つの会社だけであった。
日本PC製造業者の世界PC市場占有率は12%である反面中国では2~3%に過ぎなかったし、家電部門でも日本商品の市場占有率は6%未満で、更に携帯電話の市場占有率は3%に過ぎないと指摘した。 

            チャイナセブン

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 374건 9 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
669
어제
1,271
최대
2,961
전체
418,409


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.