中国の一人当たりGDP、2010年末に4000ドルに > 経済・産業

本文へ
サイト内検索

経済・産業


中国の一人当たりGDP、2010年末に4000ドルに

페이지 정보

작성자 no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 3,844회 작성일 09-12-22 11:28

본문

中国社会科学院・社会学所の李培林所長は21日、2010年「社会白書」の発表会・中国社会情勢報告会の席で、2010年末までに、中国の一人当たりGDPが4000ドルに迫ることを明らかにした。

李所長によると、ここ2年間の一人当たりGDP 、特に米ドルで計算した場合の一人当たりGDPは急速な増加を見せている。1978年から2000年まで、中国の一人当たりGDPを400ドルから800ドルに増やすまでは20年以上もかかった。また、「2020年までにややゆとりのある社会を全面的に構築する」という目標が制定された2000年には、「20年間で一人当たりGDPは4倍増となる」と予想されていた。つまり、800ドルから3000ドルまで増加するという予想である。

李所長は、成長速度が絶えず加速している原因について、一つは経済の急成長、もう一つは、毎年の人口増加幅が縮小しているためだと考える。なぜなら、人口の基数が大きければ、分母も大きく、一人当たりGDPは逆に減少するからである。3つ目の原因は、人民元の値上げである。

李所長は「中国の一人当たりGDPは2003年に1000ドルを超えたが、われわれはこれに3年を費やした。2006年には2000ドル、2008年には3000ドルを超えた。2010年末、一人当たりGDPは4000ドルに近づくだろう。これは、2000年に制定された目標より、ずいぶん早い達成となる」と語った。

「チャイナネット」 2009年12月21日

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 39건 1 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
659
어제
826
최대
1,120
전체
322,165


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.