09年度世界主要国石油産出量発表 中国が4位 > 経済・産業

本文へ
サイト内検索

経済・産業


09年度世界主要国石油産出量発表 中国が4位

페이지 정보

작성자 no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 2,700회 작성일 10-02-04 16:22

본문

米「オイル・アンド・ガス・ジャーナル(OGJ)」誌が1日発表した2009年度の世界主要国の石油出量で、中国は1億8900トンで世界の5.4%を占め、世界4位となった。

石油産出量の6位から10位はメキシコ、カナダ、イラク、クウェート、アラブ首長国連邦の順だった。

昨年は金融危機の影響を受け、石油の需要が減り、国際原油格も下落、多くの国で石油の産出量が低下した。2009年の石油産出量は35億2500万トン、08年に比べ3.2%の36億4100万トン減少した。同誌は30の主要石油産出国を調査したところ、21カ国で産出量が減少、うち4カ国では減少幅が10%を超えていた。イランでは石油の産出量が4.7%減少、中国は1%にとどまった。

世界主要国に残された原油の確認可採埋蔵量では、サウジアラビアが359億5000万トンで今年もトップ、それにカナダ、イラン、イラク、クウェート、ベネズエラが続いた。中国は27億9000万トンでサウジアラビアには遠く及ばないが、08年に比べ27.2%増加した。

「人民網日本語版」2010年2月3日

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 374건 4 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
724
어제
879
최대
1,348
전체
369,702


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.