「冷え込む」中国経済に、政府の調整政策は? > 経済・産業

本文へ
サイト内検索

経済・産業


「冷え込む」中国経済に、政府の調整政策は?

페이지 정보

작성자 no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 2,312회 작성일 08-10-21 20:03

본문

(1)GDP成長率9%に鈍化

中国政府はこのほど、今年第1~第3四半期(1~9月)の国民経済の運営状況を発表した。それによると、世界的に経済が低迷する中で、中国の国内総生産(GDP)は前年同期比9.0%の成長率を達成し、安定的で急速な発展状態を維持した。

だが前年同期に比べて、GDP成長率は2.3ポイント低下した。これまでのデータを振り返ると、現在、中国の経済成長が鈍化傾向にあることは否定できない。第1四半期(1~3月)のGDP成長率は10.6%、第2四半期(4~6月)は10.1%だったが、第3四半期(7~9月)は9.0%で10%を割り込んだ。

国務院発展研究センターマクロ経済部の張立群研究員は、中国経済は持続的な上昇局面から、低迷する「冷え込み」の状態に移行したと指摘する。

ある業界関係者によると、中国経済のGDP成長率が第1四半期の10.6%から第3四半期は9.0%に低下したことは、主体的な調整の結果であり、外部の経済環境の変化によるものだという。

2003年以来、中国経済は2けた成長を維持してきた。各年のGDP成長率をみると、03年は10%、04年は10.1%、05年は10.4%、06年は11.1%、07年は11.9%となっている。

経済の急速な成長は中国の総合力を大いに高めた。だがこうした成長過程の中で、不合理な経済構造、粗放型の発展方式といった問題が徐々に目立つようになり、経済成長が急速な発展から過熱気味の発展に転換するリスクが常につきまとっていた。

(2)徐々に現れる政策効果 

張研究員によると、経済の過熱防止が、過去5年間に行われたマクロ調整政策の基本だった。現在、経済は持続的な上昇局面から、低迷する「冷え込み」の状態に移行しており、これは過去に積み重ねられた政策の効果の現れだ。経済の適切な調整とマクロ調整の目標とが合致しているといえる。

国家統計局の姚景源チーフエコノミストは「改革開放以来の中国経済のGDP年平均成長率は9.8%であり、今年1~9月の成長率9.9%は決して低い数字ではない。今年の中国経済が遭遇したかつてない困難や問題を考えれば、9.9%という数字はたやすく達成できるものではない」と話す。

年初以来、国内では大規模な自然災害が相次いで起こり、国民経済の安定的で急速な発展にダメージを与えた。加えて米国の低所得者向け(サブプライム)住宅ローンの焦げ付き問題の影響の拡大や、世界的な金融危機の発生を受けて、世界経済は大きく減速し、こうした国際経済環境の悪化が中国経済に大きなマイナス影響をもたらした。

国務院の温家宝総理は最近、年初に打ち出した「今年は中国経済にとってここ数年で最も困難な年」との見方を改めて繰り返している。経済情勢の変化に応じて、中国政府はマクロ調整政策をタイミングよく調整しており、「一保一控」(安定した急成長の維持と物価高騰の抑制)を明確な目標に据えた。

(3)マクロ経済の伸びを維持 

年初以来、消費者物価指数(CPI)の上昇率が目立って鈍化している。特に5月以降は月を追うごとに低下しており、9月の前年同月比上昇率は4.6%で、前月を0.3ポイント下回った。

国家統計局の李暁超報道官は「これは一連のマクロ調整政策を制定・実施した結果であり、方向性を定めて物価抑制措置を取ったことと関連がある。また国際価格の伸び鈍化も小さくない原因だ」と話す。現在、中国の経済運営には価格上昇に影響を与える一連の要因と不確定要素があり、CPI上昇への警戒を緩めるべきではない。とはいえ、中国のインフレ抑制への努力が大きな成果を上げたことは間違いない。

北京大学中国国民経済核算・経済増長研究センターの蔡志洲研究員は「インフレはすでに克服され、現在は主に経済成長を維持し、成長の鈍化傾向を抑制することが必要だ」と話す。

国務院はこのほど常務会議を開催して、当今の経済情勢を分析し、第4四半期の経済関連業務を検討・計画した。会議では、第4四半期には柔軟かつ慎重なマクロ経済政策を採用し、財税、融資、対外貿易などで方針を絞った政策措置を打ち出し、経済の安定的かつ急速な成長を引き続き維持するべきとの見方が出された。張研究員は「経済成長の目立った鈍化に対し、中国政府はさまざまな調整政策を取ってきた。効果が現れるにはなお一定の時間が必要だが、政策調整を切れ目なく進めいけば、来年はGDP成長率が10%前後に回復する望みがある」と話す。

「人民網日本語版」2008年10月21日

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 374건 30 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
672
어제
933
최대
1,348
전체
390,143


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.