日本、四川地震に関する衛星画像を中国に提供 > 社会・文化

本文へ
サイト内検索

社会・文化


日本、四川地震に関する衛星画像を中国に提供

페이지 정보

작성자 no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 2,731회 작성일 08-05-15 00:29

본문

国家航天局によると、四川省豎カ川地域地震の発生後、日本宇宙航空研究開発機構は、『地球観測災害監視に関する国際憲章』に基づき、陸域観測技術衛星「ALOS(エイロス)」から観測した被災地域のリモートセンシング画像を中国に提供した。

現在、中国の関係専門家は、この衛星画像の解析を行っている。地震発生後、国際協力メカニズムによって高解像度の衛星リモートセンシング画像が送られたのはこれが初めて。

四川豎カ川地域地震の発生後、被災地域は天候が悪く、被災状況の把握や緊急救援活動が難航している。日本宇宙航空研究開発機が提供した衛星リモートセンシング画像の解像度は100メートルで、被災地域における広範囲にわたる地質災害の状況を把握する上で役に立つ。

『地球観測災害監視に関する国際憲章』は、ヨーロッパ宇宙航空局とカナダ宇宙航空局の共同提案で創設された国際災害対策メカニズムで、中国は2007年5月24日に調印して加入した。メンバー国の米国やフランス、カナダなども、レーダー可視光線衛星画像を中国に提供すると見られる。中国民政部の災害対策センターは、外国から提供された衛星画像を総合的に解析する責任を負っている。

「チャイナネット」2008年5月14日

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 317건 31 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
986
어제
928
최대
1,948
전체
399,255


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.