震災孤児、「自分の手で故郷を再建したい」 > 社会・文化

본문 바로가기

サイト内検索

社会・文化

震災孤児、「自分の手で故郷を再建したい」

ページ情報

no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 08-05-17 13:59 view 2,195回 コメント 0件

本文

5月12日に発生した四川大地震では、何十万人という人たちが命や家を失い、親をなくした子供たちは孤児になった。温総理が見舞った3人の孤児が北京を訪れ、チャイナネットのインタビューに応えた。そのうちの一人、劉怡雪さんは、「これからより強く生きて生きたい。自分の手でふるさとを再建する」と語り、強い意志を見せている。

劉さんは、「私たちは、温総理がおっしゃった通りにより強く生き、党と政府の助けを借りて、自分たちの手でふるさとを再建したい。唐山大震災の生存者たちのように、20年、30年かかってもずっとがんばって、絶対にあきらめません。今はまだ16歳なので、私たち若者の手で、故郷をきっと復旧できると信じています」と話した。

また劉さんはこのインタビューを見たネット利用者たちに向けて、「みなさんが被災地の状況に関心を持ってくれるように望んでいます。1元でもビスケット1枚でも飲料水1本でも、私たちにとっては大切な援助です。私のような孤児や、家族、故郷を失った被災者たちのために、できるかぎりの援助をお願いします」と呼びかけた。

 

「チャイナネット」2008年5月17日

SNS 공유

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

ありません。

検索
전체 317件 31 ページ
  • ありません.
Copyright © china7.jp. All rights reserved.