旅行・滞在

世界ジオパーク、新たに2カ所認定 中国が世界一

컨텐츠 정보

본문

泰山世界地質公園で23日に開催された「第3回国際地質公園発展シンポジウム」で、陝西秦嶺地質公園と内蒙古阿拉善沙漠地質公園が新たに「世界ジオパーク」(世界地質公園)に認定されたことが明らかになった。中国ではこれまでに世界最多の22カ所が世界ジオパークに認定されている。

各国の地質公園の建設を指導・協力・支援し、各地質公園の間の連絡・協力・交流を増進する目的で、04年に世界ジオパークネットワークが国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)により設立された。中国は国家地質公園の建設において良き成果を収め、世界的に地質遺産の保護に貢献していることから、ユネスコは世界ジオパークネットワークの拠点を北京に置いた。

「人民網日本語版」2009年8月24日

관련자료

댓글 0
등록된 댓글이 없습니다.
全て 191 / 5 ページ
お知らせ 0