南京の学生が不思議な三輪車を発明 > 話題ニュース

本文へ
サイト内検索

話題ニュース


南京の学生が不思議な三輪車を発明

페이지 정보

작성자 no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 2,462회 작성일 08-11-10 14:10

본문

側面には大きな車輪が2輪、後ろには小さな車輪が1輪。こんな変わった形の車が9日、南京航空航天大学の第11回大学生「科学技術祭り」で登場した。

1リットルのガソリンで300キロ走ることができるこの車は、車体がとても低く、車輪はたったの3輪だけ。運転手は両足をまっすぐ前に伸ばして座り、方向転換は取り付けられたハンドルで行う。

「最初は4輪使用する予定だったが、3輪のほうが摩擦力が小さくなり、ガソリンが節約できる」と話すのは、エネルギー・動力学院の院生で、設計者の一人の徐耀さん。 

ガソリンを節約するには、摩擦力を小さくするほかにも、車体の重量を軽くすることが重要だ。「この自動車の構造はとても簡単で後輪駆動。重さは普通の自動車より非常に軽い40キロだ。この自動車の時速は約27キロメートルで、1リットルのガソリンで300キロ走ることができる」徐さんたちは今、戦闘機のようなボディーを製作している。

徐さんと仲間は、1リットルで1000キロを走ることを目標にしているが、この目標を達成するためには、エンジンの改善や排出量の削減、構造の簡素化が必要だ。

「チャイナネット」2008年11月10日

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 62건 1 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
411
어제
457
최대
733
전체
36,659


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.