• ブックマック
  • オンライン 16
  • FAQ
  • 1:1問い合わせ
  • what's new
  • tags

日中関連


Total 157건 2 페이지
重要な一歩を踏み出した中日歴史共同研究

中日歴史共同研究は3年間の努力を経て、ついに第1期研究報告を発表した。関係者は現時点の結果はやはり有意義なものとの認識だ。(文:歩平・中国社会科学院近代史研究所所長) 冷戦終結後の国際政治構造の新たな変化や、過去20年近くの東アジア地域における中日両国の地位の変動にともない、歴史問題が大きく浮上し…

トヨタ 日本でリコールなし、「国民優遇」疑惑

トヨタ自動車は、今回の世界的な大規模リコールについて、名古屋オフィスで初めて記者会見を開いた。品質保証担当の佐々木真一副社長は、アクセルペダルの不具合が大規模なリコールにつながったと説明し、謝罪した。 佐々木副社長は、「世界のお客様に心配をかけ、心からおわびする」と謝罪。トヨタ自動車の幹部がリコー…

トヨタのリコールは中国市場にとって良い影響?

「新華ネット」の自動車コーナーを担当する馬進編集長は、トヨタのリコールについてオンラインでネット利用者と交流し、その中で「今回のリコールは中国の自動車市場に良い影響を与えるだろう」と述べた。 馬進氏は「国内のリコール制度は自発的なリコールと指令によるリコールの2種類がある。大まかな統計データでは、…

中日工業化の国際比較シンポ開催 河南

中国と日本の工業化プロセスの比較を行う国際学術シンポジウムがこのほど、河南省・開封市の河南大学で開催された。こうしたテーマのシンポが国内で開催されたのは、今回が初めてのケースだ。「科学時報」が4日伝えた。 河南省社会科学院の喩新安副院長はシンポで次のように述べた。日本の工業化の経験・教訓の研究は、…

中日の学者、中日歴史共同研究報告書を語る

中日歴史共同研究委員会は1月31日に段階的研究報告書を発表した。両国の学者は3年の歳月をかけて両国政府が主導した古代、近現代の中日関係史に関する第1期研究活動を完成させた。 双方は日本の対中戦争は侵略戦争であることを認め、日本の対中戦争発生の原因や南京大虐殺などの問題に対しそれぞれ研究成果を発表し…

「重慶大爆撃」訴訟第12回公判、日本で開廷

「重慶大爆撃」のひとつ、「松潘爆撃」訴訟の公判が27日、東京地方裁判所で開廷した。これは、「重慶大爆撃」裁判で12回目の公判となる。四川省松潘県の原告2人が、日本軍による「松潘爆撃」が現地住民にもたらした大きな被害について、法廷で陳述した。 「松潘爆撃」訴訟事件の被害者代表・馬福成さんは、彼の家族…

「日本中華文化芸術団」が創設

在日中国系芸術家による「日本中華文化芸術団」がこのほど創設された。著名な声楽家の任雁氏が団長を務める。日本で発行されている中国語紙「中文導報」が伝えた。 日本中華文化芸術団は優れた在日中国系芸術家が共同で創設する新しい文化芸術団体。公演、音楽レッスン、中国文化の浸透、芸術交流の一体化を目指す。団員…

中国、春暁ガス田の主権維持を主張

外交部の馬朝旭報道官は18日、記者の質問に答えた際、楊潔チ外交部長の話を引用し、春暁ガス田(日本名:白樺)に対する中国の主権維持を主張した上で、「原則的な共通の認識事項に基づき、日本側は中国の関連法律により、ガス田開発に出資し、このガス田を協力開発することができるが、これは共同開発とは根本的な違いが…

中国国際科学技術協力賞、日本の物理学者が受賞

2009年度中国国家科学技術奨励大会が11日、北京で盛大に開催された。過去最多となる7人の外国籍科学者が国際科学技術協力賞を受賞した。新華社のウェブサイト「新華網」が11日伝えた。 今回の受賞者の一人、日本の東京大学名誉教授で原子核物理学者の有馬朗人氏は30年来、原子核物理をはじめ、シンクロトロン…

超高価な日本のコメが青島に

青島のあるスーパーで先ごろ、日本産のコメが2キログラム198元という高値で発売された。売り場の担当者によると、このコメは日本の有名なコメの産地・新潟産のもので、日本市場で高品質を誇るコメだ。日本のコメは現在青島で1日約4キロが売れている。 「人民網日本語版」2010年1月8日

최신글이 없습니다.

アンケート
作成中のサイトは?