中国版「ATOM」の世界攻略 > 日中関連

本文へ
サイト内検索

日中関連


中国版「ATOM」の世界攻略

페이지 정보

작성자 no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 2,977회 작성일 09-11-01 10:46

본문

日本の人気アニメ「鉄腕アトム」をコンピューターグラフィックスで映画化した「ATOM(アトム)」が、23日に世界で同時公開された。中国国内では公開初週末の興行収入が4000万元という好成績で、最終興行収入は2億元を上回るだろうと業界関係者は予測している。

出資側の一つである北京光線影業有限会社の張昭総裁は「中国的テイストのある『ATOM』は、北米地区での公開初週末の興行成績が中国国内とほぼ同じだった。これは50カ国で同時公開された中国投資の映画としてだけではなく、興行成績が最高の初の中国出資のアニメ映画になるだろう」と話す。

 

目標は本物の国民的映画

20日に北京でプレミア上映された「ATOM」には、よくアトムを知る1970年代生まれの「70後」や「80後」の人が仕事を終えた駆けつけ、多くの小中学生たちも訪れた。

張昭総裁は「私たちは『ATOM』の制作が始まった時に、子供だけでなく、子供を連れて来る親たちも引き付け、多くの若者が幼い頃の素晴らしい思い出を呼び起こしてくれる本物の国民的映画にするのが目標だった。上映後に分かったのは、女性の観客は吹き替えや対話、温かい情感を好み、男性客は激しい立ち回りのシーンを気に入っていることだ」と言う。

また映画の中では中国の観客のニーズに合わせて、小さな花模様のTシャツを着た中国人の少女や、漢字が書けるゴミ箱など、多くの中国的要素のあるものが登場し、語り口は欧米市場を考慮して米国のスタイルが用いられている。

80年の歴史を持つ中国のアニメは、豊かで深い文化の蓄積がある。これまでは孫悟空や葫芦娃(ひょうたんの子)、黒猫警官などの中国人に親しまれるキャラクターが作られてきたが、日本や米国のアニメに人気が集まるにつれて、中国国内のアニメ・キャラクターの影響力は次第に衰えてしまった。

調査によると中国の若者が好きなアニメの60%は日本と韓国の作品で、欧米は29%、中国大陸部と香港、台湾地区のオリジナル作品は11%に過ぎない。「中国アニメの従来の語り口は今の観客には合わなくなっている。観客が映画館に行くのは、忙しい仕事の中でリラックスし娯楽を享受したいためで、速いテンポで生き生きとしたストーリが観客を引き付ける」と話す。

北京光線影業と香港のアニメーション製作会社イマージ(IMAGI)が共同出資した「ATOM」は、監督と脚本はイギリス人と米国人だ。監督のデビッド・バワーズ氏はイギリス人で、ドリームワークスではシリーズ映画にアイデアを提供し、脚本のティモシー・ハリス氏は「ツインズ 」や「SPACE JAM(スペース・ジャム)」などの映画に携わった経験を持つ。

張昭総裁は最後にこう語る。「中国のアニメがさらに発展するには、世界の市場に進出して一切の優れたリソースを結集し、世界中の観客に受け入れられるストーリを作らなければらならない。中国が投資し、世界各地の優秀な人材を集め、中国制作の映画を世界に広めることは、中国文化の対外貿易を促進する重要な方法だろう」

 

「チャイナネット」 2009年10月30日

  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 157건 4 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
1,143
어제
1,325
최대
2,961
전체
426,707


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.