徒歩で世界一周中の日本青年、新疆に到着 > 日中関連

本文へ
サイト内検索

日中関連


徒歩で世界一周中の日本青年、新疆に到着

페이지 정보

작성자 no_profile チャイナ7 쪽지보내기 메일보내기 홈페이지 자기소개 아이디로 검색 전체게시물 댓글 0건 조회 2,346회 작성일 09-05-08 10:29

본문

平々凡々とした日常生活に飽き足らなくなった日本人青年・吉田正仁さんは昨年末、徒歩による世界一周旅行の計画を実行に移した。吉田さんは8日、新疆ウイグル自治区昌吉市に向かい、精河(サイガ)県と霍爾果斯(コルカス)を経由して中国での旅を終え、次の目的国・カザフスタンに向かう。

 吉田正仁さんは2008年12月29日、上海に向け船で大阪から出発、夢だった世界一周旅行をスタートさせた。それ以来、4カ月余りに及ぶ旅を経て、今年5月2日に新疆ウイグル自治区ウルムチ市にたどり着いた。同自治区内のゴビ大砂漠は、吉田さんに興奮と同時に寂しさを感じさせたが、自分の足で世界を踏みしめているという実感が、異郷での孤独感をしばし忘れさせてくれた。

 吉田正仁さんは鳥取市出身、28歳の電気エンジニア。徒歩で世界中を歩きまわることは、彼の小さい頃からの夢だったが、さまざまな事情で実現しないままだった。電気エンジニアになった後、生まれつきの極めて活発な性格から、会社で静かに座って仕事をすることが窮屈に感じられ、平凡で味気ない生活が耐えられなくなったため、生活を変えようと思うに至った。そして彼は、今こそ小さい頃からの夢だった「徒歩による世界一周旅行」を実現する時だと決心した。

 吉田さんの家族は、「とんでもない考えだ」と驚き心配したが、周囲の人たちから多くの支持が得られた。吉田さんは2008年12月末に日本を出発、ユーラシア大陸を横断してヨーロッパに向かうことに決めた。彼に関する各メディアの報道を聞いた世間の人々は、この勇気ある青年が自分の夢を実現できるようにと、応援の手を差し伸べた。数社の日本企業が、スポーツウェア、テント、リヤカー、野外用品などを彼に無償で提供することを申し出た。

 世界中を自分の足で踏破するという壮大な抱負を胸に抱え、50数キログラムの身の回り品を1台のリヤカーに乗せ、吉田さんは長い旅路についた。彼の最初の訪問国・中国の旅はゴールに近づいている。これまでの移動距離は4100キロメートルに達し、計13都市を巡った。(編集KM)

 「人民網日本語版」2009年5月7日
  • 트위터로 보내기
  • 페이스북으로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 157건 9 페이지
게시물 검색

お知らせ

  • 게시물이 없습니다.

회원로그인

설문조사

作成中のサイトは?

접속자집계

오늘
679
어제
725
최대
2,961
전체
461,450


Copyright © チャイナセブン - 中国総合情報サイト All rights reserved.