• ブックマック
  • オンライン 8
  • FAQ
  • 1:1問い合わせ
  • what's new
  • tags

日中関連


日本人俳優「南京!南京!」出演で多くの涙

2,542 2009.05.10 16:48

첨부파일

짧은주소

본문

映画「南京!南京!」で日本人兵を演じた日本人俳優・中泉英雄さんにずっと注目が集まっている。映画「カミュなんか知らない」に出演するなど、日本でも知られている中泉さんが、北京の新聞「信報」のインタビューに応じた。

角川の地獄の旅の始まり
「撮影が始まった時から、終わった今でも心が疲れていて、まるで戦いのようです」と話す中泉さんは、中国を侵略した日本軍の中でも若い兵士の角川役を演じた。

角川は、南京から2キロ離れた塹壕の中で南京城に入るのを待っていた。それは地獄の旅の始まりでもあった。南京では人生で初めて日本人慰安婦の百合子を愛するようになり、戦争と人間性に対しても初めて徹底的に反省する・・・。

「南京!南京!」では、角川の視点で多くの細かい場面が描かれているが、角川にとってその全ての「最初」が人生の「最後」になった。

ある女性客の言葉に涙

撮影中は日本人俳優として非常に大きなストレスに耐えたという中泉さん。しかし我慢できずに涙を流したこともある。「こんなにスケールの大きな映画で、うまく自分が演じられるかどうかと考えていました。そして撮影が終わったあとは、この映画を観客はどう見るかということがプレッシャーになったのです。ですがこうした気持ちは他の俳優も同じだったようです」

杭州の試写会では、中泉さんに怒りをぶつける観客もいた。しかしすぐに立ち上がってをサポートする女性も現れ、「日本から中国に来てこのような役を演じるのはなかなか勇気がいること」と言う言葉を聞いた中泉さんは、声を上げずに泣いた。

「今まで自分はこんなに感情的だとは思わなかった」と、中泉さんは当時のことを思い返しながら話し、休憩室に戻ってから声を上げて泣いた理由をこう説明する。「こういう感覚は言葉では言い現せない。心は本当に複雑です。確かにある言葉を聞いた時には確かに辛くなったけれど、泣いたのは罵られたためではなく、ある女性客の『ありがとう、あなたは勇敢な俳優』という言葉を聞いたからです」

共感した陸川監督の一言

中国に来て「南京!南京!」に出演するのを決めたときから、中泉さんは覚悟していた。「2006年に東京で陸川監督と会い、それに陸川監督の『ココシリ』を見て、非常に真実を描いている映画だと感じました。そしてこのようなグローバルな映画に出るチャンスはとても貴重だと思ったのです」

陸川監督と初めて会った時の様子についてはこう話す。「監督に初めて会い、その時に監督が話した一言に共感しました。それは、人と人との間の気持ちを描きたいという言葉です。この映画は心を描くシーンが多く、演技をするにはいいチャンスだと考えました」

家族や友人がこの映画出演を支持しているのかと質問すると、「多くの友人が今回の出演を応援してくれ、自分自身や映画に対して自信を持つことができました」と答えた。

「チャイナネット」2009年5月8日

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 157건 1 페이지
日本人麻薬犯の死刑を執行

中国が日本の反発にも構わなく6日に日本人麻薬犯の死刑を執行した。 新華通信はこの日"遼寧省で日本人麻薬犯赤野光信(65)に対する死刑が執行された"と報道した。 赤野氏は2006年9月に2.5㎏相当の麻薬を日本に密輸入してこようとしたが大連空港で逮捕されたし、昨年4月に死刑が最終確定した。 遼寧…

中国が日本人麻薬犯人に対する死刑を執行すると報道

中国が今度は日本人麻薬犯人に対する死刑を執行するものと見られる。 日本共同通信の先月31日報道によれば前日午前中国遼寧省政府は今月5日に日本人麻薬犯人1人に対する死刑を執行すると住瀋陽日本総領事館に通知したと報道した。 もし中国政府が予定通りに死刑を執行するならば1972年に両国が国交を回復した…

加藤嘉一氏、中国人は会議の達人だ!

開催中の「両大会」について、加藤嘉一氏はメディアの取材を受け、「中国の両大会をテレビで見たのか。日本のそれとどう違うと思うか」と質問された際、「中国人は会議の達人だ!」と語った。 「生中継を見た。会議はスケールが大きなものです。地方の両大会から、全国の両大会まで、スケールが大きくて、人数も多いです…

加藤嘉一氏、中国の政治はますますインターアクティブになった

目下開催中の「両大会」について、加藤嘉一氏は最近メディアの取材を受けた際、「中国の政治はますますインターアクティブになってきた」と話す。 中国の政治に対する感想として、加藤嘉一氏は「2003年から中国に来て、もう7年になりますが、人々のネットに対する興味と利用度はますます膨らんでおり、インターネッ…

景徳鎮で日本の陶芸家の個展を開催

「新五彩、新山水ー中国から日本へ、日本から中国へ」というテーマの陶芸芸術品個展が6、7日の両日、江西省景徳鎮で開催された。日本の陶芸家一家に生まれた仲村元風氏の作品は日本における釉上彩陶器の発展レベルを表している。これは日本の陶芸家が初めて景徳鎮で開く個展となる。 「人民網日本語版」2010年3月8…

日本は中日関係の発展に寄与する事をすべき

国防部の会見で25日、黄雪平報道官が質問に答えた。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。 ----日本の指導者が先日、次期防衛大綱の策定に向けた議論で中国の軍事力増強への対抗策を検討するよう指示したほか、日米同盟の深化を大きな課題として挙げたことについて、どう捉えるか。 中日の防衛関係が前向き…

上海万博後、日本国宝の鑑真像が揚州に「帰省」

中国共産党揚州市委員会の王燕文書記は20日、奈良市の仲川元庸市長と会見した際、日本国宝の鑑真和上坐像が、上海万博後に再び揚州に「里帰り」することを希望する旨を伝えた。 2010年上海万博の日本館には日本国宝の鑑真和上坐像が展示され、万博後、この塑像は揚州の鑑真記念堂に置かれることになっている。鑑真…

トヨタ、リコール事件で市場を西から東へ移転か

トヨタ自動車は、北米とヨーロッパ市場でのシェアが大きいため、リコール事件による影響も大きい。しかしそれに比べ、中国やインド、東南アジアでのシェアは小さいため、影響がないわけではないが、比較的に小さい。 2008年、トヨタの米国、ヨーロッパ、日本国内での販売台数が年間販売台数に占める割合は3分の2以…

2010年在日華僑・華人新春招待会を開催

「2010年在日華僑・華人新春招待会」が昨夜、日本駐在中国大使館で行われた。2010年の新春の訪れを間近にひかえ、日本の各業界の華僑代表が一堂に集まり、新春の訪れを共に祝った。 「人民網日本語版」2010年2月11日

日本のメディアが中国の自動車過剰生産を憂慮

中国の自動車産業が2012年になれば過剰生産問題が現れると日本の経済新聞が5日報道した。 報道によれば中国自動車産業は2012年になれば2千300万台を生産することになるのに、これは需要より300万台多いものである。 自動車過剰生産問題が提起されるということによって中国政府は自国内に進出したグロ…

최신글이 없습니다.

アンケート
作成中のサイトは?