• ブックマック
  • オンライン 17
  • FAQ
  • 1:1問い合わせ
  • what's new
  • tags

基本情報


中国の外交政策

8,352 2008.12.06 00:17

별점

  • - 별점통계:
  • - 평점 : 0점 (0명 참여)

짧은주소

본문

1. 基本政策

中国は建国以来に基本的に平和共存と自主外交を標榜して来たが、 外交政策の内容面では時代によって変貌を繰り返えして来た。 中国指導部の世界観と国際社会での中国の役目に対する認識が変化するによって外交戦略も変わって来たからである。

1989年天安門事態以後中国の外交政策は根本的に変わって国際的な孤立を脱皮する方向に進んだしこのために政治/経済安定を土台で第3世界社会主義国々に対して積極的な外交政策を展開していた。 同時にロシアと長年の敵対関係を清算して 1989年ゴルバチョプの訪中以後政治/経済交流を再開したし最近はロシアとの経済協力を強化している。

西方国家との関係においても軍事部門を除いた対中制裁の解除で部分的に改善した。 特にアメリカとの関係改善のために外交力量を傾けて1997年中国国家元首では 12年ぶりに初めて江沢民主席がアメリカを訪問することで世界平和の安定と同時に 21世紀に向けた建設的なパートナー関係構築のきっかけを設立した。 その他にもアジアでの位置を確固にするために東アジアと東南アジアとの協力も一緒に推進しているし現在は中国の外交半径をアフリカまで広げている。
一方 1997年7月1日 0時を期して香港主権は正式に中国に返還になった。こういうわけで 155年にわたって維持されて来た香港に対するイギリスの殖民統治が終止されて史上類例がない 一国両制(1国家2体制)の実験が始まった。 香港主権回復をきっかけで中国は一国両制を台湾まで拡大適用して統一をはかるという方針を闡明していて台湾問題で国際社会の関心を集めている。

2. 平和共存 5個原則

国家間の関係処理で中国は一貫されるように社会制度/イデオロギー/価値観念を基準にするのではなく平和共存5原則を中心とすることを主張して来た。 1953年 12月中国の周恩来総理がインド代表団接見の時初めて国家主権と領土保全の相互尊重、 相互不可侵、 相互内政不干渉、 平等と互恵、平和共存の5原則を申し立てた事がある。

1955年 4月周恩来総理はアジア/アフリカ会議でこの5個原則を再闡明したし、会議参加国たちの共同努力を経ってこの原則の内容を大会宣言に記入した。 1982年この 5個原則は中国憲法に明確に記載した。
平和共存 5個原則は現在中国が世界すべての国々との友好関係を樹立/発展の基本原則になった。 第3世界発展途上国との団結/協力を強化して近隣諸国と先進友好関係を発展させることが中国外交政策の礎石である。したがって中国は平和共存 5個原則に即した国際関係と国際政治経済の新秩序樹立を提唱するのである。

3. 独立自主の平和外交政策

中国は独立自主の平和外交政策を施行する。
銭其深前任国務院副総理兼外交部長が明らかにした中国外交政策の基本要点は五つで要約することができる。 中国は国際問題に対する態度と政策を独立自主的に決めてどんな対局や国家ブロックとも結盟または戦略関係を樹立しないし覇権主義と強権政治を反対する。中国の外交目的は世界平和を守護して国家の現代化建設のための平和的国際環境を建設するのである。


4. 中国の樹交原則

中華人民共和国が成立された 1949年10月1日中国政府は "本政府は中華人民共和国全国人民を代表する唯一の合法政府である。平等/互恵及び領土主権の相互尊重原則を守る外国政府ならどんな政府とも外交関係の樹立を希望する"と宣言したのである。

世界でただ一つの中国があり台湾省は中華人民共和国の不可分の領土というのが中国の基本立場である。したがって中国と樹交した国家は皆台湾政府とすべての外交関係断絶を表明して中華人民共和国政府が中国の唯一の合法政府なのを認めなければならないのである。


中国政府はどんな国家でも "2ケ中国" または "1中1台"など陰謀活動を行うことを絶対に容認しないし、また中国と正式樹交した国家がまた台湾政府とどんな形式でも政府次元の関係を樹立することを絶対に容認しない。上記の原則によって中国は 1993年 4月まで世界 155ヶ国家と外交関係を樹立した。

5. 統一政策

中国の統一政策は "1国家2制度"で要約することができるのにこれは中国政府が歴史が残しておいた問題を解決して国家統一を実現するために提出した構想である。1949年建国当時香港/マカオが中国に還元されなかったし台湾も統一されなかったから中国は外交政策を国家統一に一番重要視して来た。

"1国家2制度"の構想は 1978年末中共第11期3中全会以後徐徐に形成されたことで一つの中国の全体下で国家の主体は社会注意制度を立て通して香港/マカオ/台湾は元々の資本主義制度を維持、長期不変することとしてこの原則によって平和的統一大業を推進するのである。

この構想は中国政府の統一方針になったし、中国統一問題解決だけでなく国際上の類似の問題及びそのほか重大な国際紛争解決にも現実的意義があると言える。 実際に 1997年7月に中国に返還された香港はこのような原則下で高度の自治を認められて資本主義体制を維持している。

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.

Total 21건 1 페이지
中国の気候

中国の気候中国の気候は著しい季節風気候、著しい大陸性気候、多様な気候類型という3種特徴がある。 笘鸀 著しい季節風気候中国はユーラシア大陸を背いて太平洋を向い合っていて大部分の地域に典型的な季節風気候が現われる。大陸と海洋の大きい気温差で冬にはアジア内陸に寒冷性高気圧が形成されて、 夏には…

中国の海洋資源

中国の海洋資源中国は広闊な陸地外にも広い領海と多くの島々を保有している。領海では渤海・黄海・東海・南海の "4大洋"があり、面積は約 473万緕「に達する。地理的に見ると中国の領海はアジア大陸と太平洋の間に置かれているのに、北と西の方は中国大陸で、西南の方は中南半島・マライ半島と接している。東は韓半…

中国の山脈

中国は山が多い国で大規模の山脈が210余個もある。 蘭州-昆明線の西の方は大部分が海抜 3500mを上回る高山地帯に属する。特に青蔵高原周辺の山脈は大部分 6000m 以上で、ヒマラヤ山脈中間部分である亜東から馬丁山まで580km 区間には7000m以上の峰が88個もある。ネパールとの国境近所には8…

中国の位置と面積

中国の領土は緯度上で見れば, 北で漠河以北の黒竜江主導の中心線である北緯 53゜線で、南は北緯 4゜近所南砂群島の(曽母暗沙)に位している。 南北間の緯度差は約 50゜もなって、その直線距離は約 5,500キロにのぼる。 そして大部分の領土が四季が明らかな温帯と亜熱帯気候帯に属して、一部地域が熱帯と…

中国の税制

中国政府は政権樹立後中華民国時代の複雑だった税制を整理及び統合して流通税と所得税を税制の二本柱にする税制を構築して開放・改革政策の加速化で税制整備の必要性が台頭すると 1984年に税制改革を推進して32個の税目で構成される税制の基本構造を確立して付加価値税、営業税、国有企業所得税などの期間税目があっ…

中国の社会保険

                        2003-2007年社…

中国の改革開放政策

経済体制改革 中国の経済体制改革は現代化推進に障害物になる各種障害要因を乗り越えて社会主義を完成しようとする必要で出発した。 すなわち生産力発展に邪魔になる各種要因たちをとり除いて生産力を高めてこれを通じて社会主義の完成--共産主義を実現しようとする背景で始まったのである。経済体制改革は内容別ある…

열람중  中国の外交政策

1. 基本政策 中国は建国以来に基本的に平和共存と自主外交を標榜して来たが、 外交政策の内容面では時代によって変貌を繰り返えして来た。 中国指導部の世界観と国際社会での中国の役目に対する認識が変化するによって外交戦略も変わって来たからである。 1989年天安門事態以後中国の外交政策は根本的に変わ…

中国の国歌

1931年に日帝は "9・18 満州事変"を起こして中国の東北三省を侵略し占領した。 1933年に日本軍が熱河省を占領しながら、中国の華北地域は日帝の支配に置かれるようになった。この時に田漢は白色テロで覆い被せた上海にいたが、彼は国民党の広幅的な捜査網を避けて上海の租界地に引っ越して暮らすしかなかっ…

中国の国花

中国の国花に対しては梅を "百花の王"といって清代末期に国花と指定した事もあり伝統的に牡丹を "花の王"といって国花にしていると言ったりするが, 正確に言えばいまだに中国には国家で公式的に指定した国花がないのが実情である。 1999年中国では世界園芸博覧会が開催されたが、この時に参加国たちは皆それ…

최신글이 없습니다.

アンケート
作成中のサイトは?